強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

緩い自作ガイロープは自在金具を変えよう!三角形自在金具の固定力がえげつない!

広告

f:id:shirodango:20210709224625p:plain
以前パラコードと自在金具を購入してガイロープを作ってみましたが、使っていく内にいつの間にか緩んでいる事が増えました。

原因は自在金具。しかも修正のしようもない原因でした、残念。

そこで新たな自在金具を購入して試した所、固定力が別物になったのでご紹介します。

 

 

 

緩んだ原因

前回作ったガイロープはYouriad 4mmパラコードDaLaCa 自在金具を使用しました。

www.shirodango.com

作った当初はミリタリー色で自分好みのガイロープが出来たと喜んでいました。

ヌノイチで2回ほど使ってみた所、いつの間にか緩んでいる事が多々発生。最初は「張り方が悪いのかな」と試行錯誤しましたが多分原因はそれではない。

 

考えられる原因は一つ。

パラコードの太さと自在金具の太さが合わなかったからだと思います。

パラコードが4mm、自在金具の穴の径が5mmで若干自在金具の方が太い。

穴が太い方が様々な太さのロープを入れる事が出来るので良いですが、太さの差が大きいと風や当たった際の少しの振動でスルスル緩んでしまいます。

実際に風の影響が少ない部位の自作ガイロープはある程度テンションが保たれていました。

 

ペグを2本刺して固定したり、ポールに巻きつけて固定すれば強くテンションがかかるので良いかもしれませんが、それなら普通に市販のガイロープを買った方が楽です。

せっかく作ったガイロープがもったいないですし何か改善点がないか探してみました。

 

 

商品紹介

f:id:shirodango:20210709214144j:plain

答えはネットの中にありました。

こちらのサイト様の記事を参考にさせていただきました↓

father-life.com

この方も僕と同じように2つ穴の自在金具で緩んでしまう状態になってしまいましたが、3つ穴(三角形)の自在金具を使うと改善したとの事。

「これは試してみるしかない!」という事で早速買ってきました。

 

f:id:shirodango:20210709214151j:plain

TRIWONDERというブランドの三角形自在金具。

9個で1000円以下の激安商品。色は黒、青、赤の三色から選べます。

 

f:id:shirodango:20210709214159j:plain

平たい三角形ではなくテンションがかかるように凹凸があります。

多少穴の向きなどに違いがある所には目を瞑ろう。

 

f:id:shirodango:20210709214206j:plain

よく見かける2つ穴の自在金具とは大きさが全く違います。

縦4㎝、横6.5㎝、穴の太さ0.6㎝もあります。穴が0.1mm程大きくなったのがちょっと気になる点。

 

 

新ガイロープ作成

f:id:shirodango:20210709214219j:plain

新しい三角形自在金具がきたので2つ穴自在金具とはお別れ。

パラコードは出来るだけそのままの長さで再利用しようと思います。

 

f:id:shirodango:20210709214229j:plain

止め結びを切り落として自在金具からパラコードを自由にします。

買ったばかりのAMAZON激安ナイフの切れ味が悪くて中々切れない。

www.shirodango.com

それもそのはずこのパラコードは値段の割に9芯なので頑丈さはコスパ良いです。

ノコギリのようにギコギコ動かして何とか切ります。

 

f:id:shirodango:20210709214240j:plain

そして遂に三角形自在金具の出番。

パラコードの通し方はAMAZONの商品紹介欄に図がありましたが、凸凹のどちらから通すかはわからない。

失敗してもやり直せばいいだけ!今回は凸部分が上にくるようにしてパラコードを通していきます。

 

f:id:shirodango:20210709214241j:plain

三角形の頂点を上から下にかけて通して左下の穴から出します。

切ったパラコードの芯を持たないように注意。引っ張るとパラコードの形が崩れます。

 

f:id:shirodango:20210709214306j:plain

左下の穴から出たパラコードを残りの右下の穴に通します。

この左下と右下の穴の間を引いてペグなどに固定する事になります。

 

f:id:shirodango:20210709214328j:plain

あとは裏返して先っぽを結び止めます。

僕は適当にかた結びにしています。

 

f:id:shirodango:20210709214329j:plain

先をバーナー等で炙って整えたらすぐに硬い物で押さえて固定します。

この押さえる作業をしておかないと強くテンションがかかった際に抜ける可能性があるので意外と大事。

 

f:id:shirodango:20210709214350j:plain

これで完成です。

固定方法は右下と左下の間のパラコードを引っ張って写真のように三角形が綺麗に真っすぐになれば良いです。

 

 

実際にキャンプで使ってみた!

f:id:shirodango:20210709214513j:plain

先日行った『神石高原ティアガルテン』でのソロキャンプの時に使ってみました。

www.shirodango.com

使用した幕はDODのヌノイチ。使用するガイロープの本数が大型テントばりに多いと個人的に感じています。

一部DODの純正ガイロープを使用していますが、大半は今回の三角形自在金具を使用した新ガイロープで固定しています。

f:id:shirodango:20210709214406j:plain

この三角形自在金具は固定力が本当に高いです。試しにテントを揺らしたりしましたが全く緩まなかったです。

あと三角形自在金具は目立つし普通の自在金具とは違うのでかっこいい。テンションを強く掛ける事ばかり考えて外見にまで考えがいってなかったです。

 

f:id:shirodango:20210709214535j:plain

深夜から翌朝にかけて雨が強く降り続けましたが新ガイロープが緩む事はなかったです。

今回大活躍してくれた三角形自在金具ですが唯一の欠点は収納方法。今までの2つ穴自在金具であればまとめやすくて楽でしたが、三角形だと難しい。良いまとめ方法を見つけます。

ちなみに三角形自在金具以外にも『亀』、『カタツムリ』といった変わった自在金具もあるので今度全て購入して試してみたいです。

 

 

最後に・・・

キャンプ道具を自作するのはやっぱり楽しい!最近キャンパーがDIYにハマるのが大変よくわかります。

家が建ったら工具をお義父さんから貸してもらって自分で色々作ってみたいです。

工業系の知識は完全に0ですが色々な方のDIYブログを参考に頑張ります。手始めに作るのはやっぱりテーブルかな。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!