強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

ヌノイチの良い所、悪い所まとめ!キャンプ初心者にはおすすめできない訳とは・・・

広告

f:id:shirodango:20210531222151p:plain
ヌノイチを購入して実際に2回程キャンプで使ってみました。

DODが誇る変幻自在タープの使い心地はどうなのか?良い所、悪い所でまとめてみました。

 

 

 

ヌノイチとは・・・

f:id:shirodango:20210531195541j:plain

DODが開発し販売しているタープです。公式で・・・

布一枚に切れ目が入っただけの「ただの布」

と言われている通り、特徴的な切れ込みが入っています。その切れ込みを上手く使う事で写真のような基本スタイルが作れます。

 

スペックは以下の通り※ヌノイチS

組立サイズ:(約)W340×D210×H150cm ※ベーシックスタイル

収納サイズ:(約)W62×D16×H16cm

重量:(約)5.9kg

材質:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)

付属品: ポール、ロープ、ペグ、キャリーバッグ

https://www.dod.camp/product/t2_593_tn/

ポリコットンで火に強く、ソロには丁度良いサイズです。

204㎝×155㎝のサブ幕が付いているので本体と組み合わせて前室や風よけとして使う事もできます。

現在販売終了していますが、ヌノイチMであればまだAMAZONや楽天で販売されています(R3.5現在)

 

 

良い所

それでは早速ヌノイチの良い所からご紹介します。

完全に個人的な意見なので参考までにどうぞ。

 

コンパクトにできる

f:id:shirodango:20210531195228j:plain

今までがギギ‐1やサーカスコットンというデュオキャンプでも十分使えるサイズのテントだった事もあり収納時の持ち運びやすさは最高です。

インナーテントとして使っているワラビーテントがセットでも車への収納や運搬に困りません。

重量もポリコットンを使用しているとはいえ5.9kgしかないので女性でも十分持って行ける重さだと思います。

 

畳みやすい

f:id:shirodango:20210531195209j:plain

複雑な形状でなくただの布一枚なので畳むのがとても楽です。

さらにポリコットンのおかげで多少の風なら重さでびくともしません。そもそも3m×2m程度しかないのが畳みやすい一番の理由かも。

過去にギギ‐1が強風でパラシュート状態になりながらも懸命に畳んだ事があるので撤収早くなるのは大変助かる。

 

光をよく遮る

f:id:shirodango:20210531195221j:plain

ポリコットンは遮光性が高いので影が濃い。

夏の日差しが強い時期はとても良いですね。日焼け予防にもなるし、地味に怖い熱中症対策にもなります。

昨今の夏の暑さは尋常ではないので遮光性の高さは重要になってくると思われます。

 

特徴的な外見

f:id:shirodango:20210531195600j:plain

ヌノイチは一際目立つこの形状が特徴です。

パップテントでもシェルターでも一般的なツインポールテントにも近くない奇抜な外見ですよね。

このベーシックスタイルはまだ序の口で考え方次第で自己流のおもしろい外見にすることができます。それがヌノイチの楽しい所で魅力。

 

サブ幕の存在

f:id:shirodango:20210531195647j:plain

ヌノイチを販売する時にこのサブ幕を別売りにしなかったのはとても良い判断だと思います。

サブ幕がある事で元々変幻自在なヌノイチの形状をさらに自由にすることができます。

前室や風防、シェルター化や目隠しにも使えます。ヌノイチを購入したらポールやガイロープは余分に持って行った方が良いでしょう。

 

完全秘密基地

f:id:shirodango:20210531195549j:plain

ド真ん中に椅子を置くと全ての道具が手の届く範囲にあります。

そして目の前には焚火台。サイドテーブルにあるビールを飲みながら火を眺める、最高ですね。

Sサイズであればソロキャンで無駄に広くなく、狭すぎない。ポリコットンなので焚火が近くても問題なし。

雰囲気的にはパップテントに似ていますね。

 

 

悪い所

ここからはヌノイチを使ってみて「う~ん・・」と思った所をいくつか挙げていきます。

 

ロープの数がとても多い

f:id:shirodango:20210531195231j:plain

ベーシックスタイルを張ろうと思うと13本もロープを使います。多すぎ!

特に初使用時は各箇所にロープをもやい結びしていくので大変。2回目からは一部ロープを外さなければ時間短縮できます。

テントではなくタープなのでしょうがないですが13本も引っ張ってペグダウンしていくのはなかなか疲れます。

撤収はペグを抜いていくだけなので楽ですが、13本は・・・つらい。

 

設営が難しい

f:id:shirodango:20210531195314j:plain

初張りだけでなく2回目も説明書とにらめっこしながら張りました。

それでもサイド幕の上下が逆になっていたり、ロープがおかしい所から出ていたり、写真のようにシワになったりします。

タープ張り慣れていない人は最初のポールを建たせる所で挫折しそうな気がします。そこから幕背部を引っ張ってペグダウンするのですが、そこの引っ張り具合が難しい。

まだまだ練習が必要です。

 

隙間だらけ

f:id:shirodango:20210531195449j:plain

ベーシックスタイルではサイド部分に隙間が開きます。よって雨が降れば確実に滴ってきます。

サブ幕で前室を作っても、前室は本体に引っかけているだけなのでそこにも隙間が開いています。

雨天時に使用する際はベーシックスタイルでは難しいと思います。広げてタープ泊として利用するのが良いかも。

 

プライベートが確保しにくい

f:id:shirodango:20210531195224j:plain

前方、側方から丸見え状態です。

ワラビーテントのようなインナーテントを使用しないと寝ている時も見えます。

一応フルクローズ状態にもできますが隙間は開くし、いちいち荷物を動かしたりペグやロープの位置を調整する必要があります。

個人的にはヌノイチでコット寝は防犯上もしたくないと思っています。野生動物が入ってきたら怖いしね。

 

DODロゴが目立つ

f:id:shirodango:20210531195418j:plain

僕のヌノイチは初期型なので白色のDODロゴが正面両サイドに入っています。後期型は黒色ロゴ。白はとても目立ちます。

DODはコスパの高いキャンプ道具や他とは変わった物を開発していてすごく好きですが、ロゴだけが好きになれません。

最近のガレージブランドや、新鋭キャンプブランドはロゴがオシャレな所ばかりです。『DOD』だけなら良いけどうさぎちゃんが苦手なんですよね。

 

正面写真が映えない

f:id:shirodango:20210531195354j:plain

ヌノイチは斜め45度あたりからはとてもかっこいいですが、正面からは微妙です。

普通のパップテントにしか見えないし、自分の設営ミスがよくわかります。

 

キャンプ写真をよく撮る手前、写り方はとても気になります。おしゃれなキャンプ道具を揃えてイケメンヌノイチを撮ってみたい。

 

 

 

 

総評

f:id:shirodango:20210531195541j:plain

公式でも推している形状の自由度の高さ、ポリコットンがとても良い点。

さらに特徴的な外見も他キャンパーとは被りにくいので良いですね。

 

テントではなくタープゆえに複雑になってしまった設営が難点だと思います。天候に合わせて設営を変えた方が良い事もあり初心者より少しキャンプ慣れした方におすすめしたいです。

やはり最初はドーム型やティピー型の方が設営、撤収がしやすく、急な天候の影響を受けにくいので良いですね。

 

個人的にはヌノイチ大好きです。ソロ用幕が久々なのもありますが、これだけ特徴の多い変わった幕は中々ないでしょう。

今後もするめのように何度も使ってヌノイチらしさを出していきたい。

 

 

最後に・・・

ヌノイチを購入したおかげでソロ用キャンプ道具への欲が高まってきてます。

コロナのおかげで無駄な出費が少なくなっている今こそ、キャンプ道具に精を出しても良いと思います。

という事を妻に言うと速攻「馬鹿じゃないの?貯めれば良いじゃん」と言われました。ごもっともすぎてぐうの音も出ない。

だが、何とか妻の目を騙しながら色々キャンプ道具を揃えていきます。その為には小物からだな。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!