強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

AMAZONの激安ナイフはキャンプで使えるのか?実際に買って使ってみた!!

広告

f:id:shirodango:20210701214119p:plain

キャンプでナイフは「食材を切る」「ロープを切る」「薪を割る」など様々な用途に使えます。種類や形状も様々でとても男心くすぐる道具です。

今回AMAZONタイムセールで激安ナイフを手に入れたので実際にキャンプで使えるのか検証してみようと思います。

このナイフの価格は・・・890円!!

 

 

 

商品紹介 

f:id:shirodango:20210630200540j:plain

購入したのは『DuraTech』というブランドの折り畳みナイフ。

このナイフの一番の特徴は鉈のような形状。Amazonで販売されている1000円を切る激安ナイフはどれも似たような形状をしていますが、鉈状のナイフは今回購入したナイフのみ。

変わった道具好きな僕が購入するのは必然でした。

 

f:id:shirodango:20210630200603j:plain

スペックは以下の通り

材質:ブレード/ステンレス(7CR13)

ハンドル:ステンレス&天然ウッド

全長:17.7cm、刃渡り:7.2cm

刃厚:2.9mm

重量:110g

パッと見た感じ髪をとかす櫛のような印象を受けます。長方形なのでポケットなどに収納する際や取り出す際は楽だと思います。

ブレードに使用されている7CR13という素材は頑強とはいえず、刃が鈍りやすいらしいのでバトニングでガンガン使いたい方にはおすすめできません。

 

f:id:shirodango:20210630200610j:plain

全長17.7㎝に対して刃の長さは7.2㎝なのでハンドル部分が3㎝程長いです。

開き方は刃部分を引っ張るだけ。刃の付け根にサムスタッドという開閉をワンハンドで出来るパーツがついているので簡単に開けます。

完全に開くと「カチッ」という音と共にロックされます。閉じる際はハンドルにあるロックを指で外しながら刃をしまいます。

 

f:id:shirodango:20210630200710j:plain

片側のみクリップがついているので服やザックに留めて持って行く事が可能です。

このクリップが結構硬いので少し開くにも指が痛い。

刃を閉じたら10㎝程しかないので無理にクリップを使わなくてもポケットに入れておけば良い。多分僕は使いそうにないです。

 

f:id:shirodango:20210630200739j:plain

握るとクリップが邪魔になるかと思いましたが、そんな事はなくとても握りやすい。

手にずしっとくる重量が心地よく、無駄ににぎにぎしてしまう。

 

f:id:shirodango:20210630200756j:plain

切れ味は正直悪い。これは研ぎ直しが必要です。

コピー用紙に刃を強く押し付けてやっと切れる程度。

 

f:id:shirodango:20210630201503j:plain

ダンボールやテープを切るくらいであれば十分です。

こういう時ハサミとかよりナイフやカッターの方が楽なんですよね。刃がむき出しでないし使う時は簡単に取り出せます。

 

f:id:shirodango:20210630201516j:plain

購入してからガイロープに取り付ける自在金具を変更する為にこのナイフを使用しましたが、ロープが全然切れない。

鋸のように数回前後に動かしてやっと切れ込みが入るレベル。

 

 

実際にキャンプで使ってみた

先日に行った『神石高原ティアガルテン』でのソロキャンプ時に使いました。 あえて研ぎ直しはせずそのまま持って行きました。

www.shirodango.com

切れ味にやや難はある物の形状や見た目は結構気に入っています。

まぁダメだったとしても1000円以下だし、と見捨てられるのが安い道具の良い所。

 

フェザースティック作り

f:id:shirodango:20210630200832j:plain

焚きつけとして皆大好きフェザースティックを作ってみました。

やや押し込む必要がありますがコンパクトな刃なので力が入りやすく次々と木がめくれていきます。

 

f:id:shirodango:20210628212020j:plain

結果十分フェザースティックは作れます。

やはり切れ味が悪いので作った後は腕が疲れる。あと柄上部の隙間が指に食い込んでちょっと痛いです。

キンドリングフェザーを作るように薄くスライスするのには切れ味が不十分。

 

食材カット

f:id:shirodango:20210630200951j:plain

ニンニクを切ってみました。

切れ味が悪いと連呼していましたが野菜を切る程度であれば十分な切れ味です。するする刃が通るのでとても楽でした。

 

 

良い所、悪い所

f:id:shirodango:20210630201601j:plain

それでは『DuraTech』のフォールディングナイフの総評といきましょう。

 

良い所

・おしゃれな外見

・普通に使える

・安い

ステンレスと天然木で作られたハンドル、小型鉈のような直刃のブレードがシンプルでおしゃれ。下手な装飾がなく最低限に必要な部品で構成されています。

切れ味の悪さが目立ちますがこの価格のナイフに高望みするのはおかしい話で、焚きつけ作りが問題なく出来て食材が切れれば十分だと思います。

1000円以下でこのクオリティはコスパ最高でとても気に入っています。

 

悪い所

・切れ味が悪い

・耐久性は良くない?

・バトニングは難しい

一番の難点は切れ味の悪さ。ですがナイフや斧など刃物は使用していく内に切れ味が落ちる物なのでしょうがない。刃物研ぎの練習としてこのナイフを扱ってもよいでしょう。

耐久性に関してはまだ購入して日が浅いのでわかりませんが、ブレード部分の素材からいうと良い方ではないので今後注意したいです。

バトニングは小枝程度であれば良いでしょうが普通の薪では難しいと思います。一度軽くしてみましたがロック部分が悲鳴を上げたのでやめました。

 

 

最後に・・・ 

こういう安くて怪しいキャンプ道具を色々購入しましたが今の所無事に使用できています。ただ単に運が良いだけかな?

友人が偽ヘリノックスコットを購入して初使用キャンプで即故障して捨てる羽目になりました。 その為大きい物や複雑なキャンプ道具で安い物は避けた方がいいかもしれません。

これからも新しい、おもしろいキャンプ道具を買い漁ってキャンプで試したい。次はアウトドア用の鋸を狙っています。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!! 

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!