強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

【焚き火フライパン料理】スボラ人間が作るチャパタと鳥モモ肉のゴマ焼き!

広告

f:id:shirodango:20210315195825p:plain

焚き火フライパン料理第2回。

今回は『鶏モモ肉のゴマ焼き』『簡単チャパタ』を作ってみました。

どちらもほぼ事前準備なのでキャンプ飯にはとても丁度良い料理となっています。

 

 

 

焚き火フライパンとは・・・【※前回引用】

f:id:shirodango:20210217194714j:plain

Bush Craft Inc.から販売されている取っ手のないフライパンです。

柄がないのでとてもコンパクトで場所を無駄に取りません。

あとは何といってもその柄を自分で現地調達する必要がある事。一見面倒くさそうな気がしますが自分の好みの大きさに出来るので意外と便利。

『現地調達する』という事がよりキャンプらしさを感じられてとても楽しいです。

メンテナンスが必要ですが、鉄製の熱伝導の良さで料理がおいしく出来るのも良いポイント。

詳しくはこちらで紹介しています。

www.shirodango.com

 

 

 

材料&事前準備 

【鶏モモ肉のゴマ焼き】 
f:id:shirodango:20210313214325j:plain

材料

  • 鶏モモ肉:170g
  • オイスターソース:小さじ2
  • 白ごま:適量
  • 生姜チューブ:適量
  • 料理酒:大さじ1
  • みりん :大さじ1

 

使う物

  • ジップロック

f:id:shirodango:20210313214254j:plain

材料を全てぶち込んで軽く揉みます。

白ごまは多い方がおいしいので「これくらいかな~」の倍いれましょう。

 

 

【簡単チャパタ】 

f:id:shirodango:20210314015719j:plain

材料

  • 強力粉:200g
  • ベーキングパウダー:小さじ1
  • 塩: 小さじ1
  • 水:1カップ

 

使う物

  • ジップロック

f:id:shirodango:20210314015720j:plain

こちらも同じく材料を全て入れて軽く混ぜておきます。

全て粉物なので混ざったかどうかよくわからない。

 

f:id:shirodango:20210313214350j:plain

まだ3月なので気温は低いですが一応保冷剤入りのフードコンテナに入れて持って行きます。

夏場の生肉は特に注意。

 

 

調理開始

f:id:shirodango:20210313214512j:plain

『神石高原ティアガルテン』にてソロキャンプしてきました。

www.shirodango.com

この日は霧雨がずっと降っていてテント外に出る事は少なめですがテント内でバトニング棒を作ったりしたせいでお腹はぺこぺこ。

下準備した鶏肉が気になりすぎて夜が来るのが待ち遠しかったです。

 

f:id:shirodango:20210310205908j:plain

左からチャパタ、鶏もも肉、付け合わせに家にあった小松菜も鶏肉と一緒に炒めます。

いつもキャンプ飯が茶色系統になりがちなので色どり要員でもあります。

ちなみに小松菜は家のインコ達にあげているので在庫は豊富。

 

f:id:shirodango:20210313214652j:plain

もちろん寒い時期の熱源といえば薪ストーブ。今回もこれで料理を作っていきます。

時計型薪ストーブのAF-60は天板を外せる箇所が二つもあり、ほぼ直火のような調理ができます。

ステンレスではなく本体だけなら価格は激安なので超おすすめです。

インストール方法はこちらをどうぞ↓

www.shirodango.com

 

f:id:shirodango:20210314015743j:plain

早速チャパタから作っていきます。

水1カップを入れながら混ぜていき粉っぽさがなくなったら焚き火フライパンに広げてます。

これが難しい上に手がべたべた。炊事場が近くないと作らない方がいいですね。

 

f:id:shirodango:20210314015759j:plain

ここから弱火よりの中火でしっかり焼いていく訳ですが、物凄く火の通りが悪いので遅薪を投入しまくり火力強化。

焼き目がつくまで焼いていきます。

 

f:id:shirodango:20210314015801j:plain

ひっくり返すとこんな感じ。

パンというよりはナンという感じ。匂いはパンっぽい。

二つ焼き上げるまで中々時間がかかりました。見た目はよろしくない。

 

f:id:shirodango:20210313214425j:plain

お次は鶏もも肉。

こちらは超簡単。ジップロックから取り出してタレごと焼いていきます。

 

f:id:shirodango:20210313214417j:plain

鶏肉なのでしっかり焼きましょう。

甘辛そうなごまの匂いが空いた胃袋を攻撃してきます。はやく食べたい!

 

f:id:shirodango:20210313214422j:plain

鶏もも肉を焼いている時に思ったのはもう一つの天板も使って同時進行で作れば良かったという事。

チャパタに集中しすぎていました。持っているモンベルフライパンは直火やりすぎるとよくないので、スキレットとか欲しくなっちゃうな。

 

f:id:shirodango:20210313214421j:plain

片面が焼けた鶏もも肉をひっくり返して少し火を通したら小松菜も一緒に入れて炒めます。

しなしなになるくらい炒めた方がタレに絡みやすくなります。

 

f:id:shirodango:20210313214424j:plain

そして完成!

鶏もも肉&小松菜はフライパンのまま、チャパタはクピルカ44の上に置いています。

焚き火フライパンの良い所は取っ手を外せばお皿に早変わりする所。洗い物が少なくて済みます。

 

f:id:shirodango:20210314015813j:plain

さぁお味はというと・・・大満足!

鶏肉は言わずもがなおいしく、色味のアクセントの小松菜もタレが染みてうますぎる。特に茎の部分が最高。

気になるチャパタも問題なし。やっぱりナンっぽい味がします。外見はアウトですが、味はOK。

超簡単パンとしてはとても良い。これはまたいつかリベンジだな。

 

 

最後に・・・

漬ける系の料理は簡単で尚且つおいしく出来るのでとても良いですね。

昔独身時代に毎日料理するのが面倒くさくて週末に5日分の肉を買って全て何かに漬け込んで保存していた事を思い出しました。

あとは1日ごとに冷蔵庫や冷凍庫から出して焼くだけ。これならお米を炊くだけなので超簡単。無駄な物を買う事もないので出費も抑えられる!という男1人住みならではの食生活でした。

今回のキャンプ夜ご飯でもした事といえばチャパタをこねたのと小松菜を切ったくらいであとは焼くだけ。

ズボラでありながらしっかりおいしい。漬け込み料理最高です。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓ 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!