強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

【コスパ最高】FUTURE FOX ローコットで熟睡してきた!柄付きコットはこれ一択!

広告

f:id:shirodango:20211015213808p:plain

キャンプでの睡眠を良質にしてくれるコット。元々一つ持っていましたが重いし、大きいしで最近のキャンプスタイルに合わないので今回新たにFUTURE FOXのローコットを購入しました。

このコットがデザイン的にも、機能的にもコスパ良すぎたのでご紹介します。

 

 

 

インナーレステントにコットは必須

f:id:shirodango:20211015212906j:plain

そもそもコットをキャンプで使う方が多いのはなぜでしょう?

ベッドのように寝れるので睡眠の質が高くなるのもコットのメリットの一つですが、もっと重要なメリットが2つあります。

 

地熱、冷気対策

コットを使用すると夏は涼しく、冬は暖かく寝れます。なぜかというと地面からの地熱や冷気を物理的に高さを出す事で遮断しやすいからです。

特に冷気の怖い冬はコットの上にマットを敷けばほぼ冷気は遮断できます。僕のようにインナーレスのテントを使用する事が多い方は冬場は必須といっても過言ではないでしょう。

 

虫対策

インナーレスのテントで蚊帳を掛けてもいつの間にか虫が腕を這いずっている事がよくあります。

這う程度の虫なら良いですが、問題は秋に活発になるムカデなどの毒虫。コットを使う事で完璧ではありませんが虫対策になります。

 

以上の2点が個人的に大事なポイント。僕の場合寝心地は地面で寝ても大して変わりません。ですが地熱&冷気や虫はどうしても気になります。

最近使用する軍幕は特に先ほどの2点が気になります。インナーレステントにはコットは絶対あった方が良い。

 

 

商品紹介

f:id:shirodango:20211011222659j:plain

冒頭でも紹介した通り購入したのはFUTURE FOX ローコットです。

 

色は6色から選択でき僕はブラック/ノルディックにしました。収納袋までコットの色に合わせてくれているのでオシャレですね。

収納時のサイズは長さ51cm×幅17cm×高さ13cmでボックスなどに収納するのは難しいかもしれませんが、重量が2.5kgなので片手で楽に持ち運べます。

以前使用していたコットが4kg弱あったので軽さが段違いです。

 

f:id:shirodango:20211011222728j:plain

このままキャンプ場へ移動。この線で描いたキツネがFUTURE FOXのロゴマークになります。Tシャツからテントまでコスパの良い商品を多数販売しておられます。

SOTOのレギュレーターストーブの遮熱板のイメージが強かったですが今回のコットや焚火台、2WAYテーブルなどいつの間にか多岐に渡っていて驚きました。

 

f:id:shirodango:20211011222734j:plain

内容物は写真の通り。ベッドシートとサイドポール、脚フレーム、説明書が入っています。

フレームなどを別に収納する袋はありません。

 

組み立て

f:id:shirodango:20211011222743j:plain

まずはサイドポールを組み立てます。

ポール内にはショックコードが内蔵されているので簡単にカチカチハマっていきます。

 

f:id:shirodango:20211011222807j:plain

ポール自体とても軽いので動かしやすい。

次はシート内にポールを入れて固定していきます。

 

f:id:shirodango:20211011222802j:plain

両サイドからポールを入れた後は両端についているつまみを引っ張って固定します。

マジックテープなどで固定するコットが多いのでこれにはびっくり。使い続けると伸びてこないかな。

 

f:id:shirodango:20211011222823j:plain

脚フレームも同様にショックコードが入っているので組み立てやすいです。

逆に収納する時は何かで固定しておかないと大変そう。

 

f:id:shirodango:20211011222838j:plain

脚フレームの固定がコットを組み立てる中で一番大変ですが、このコットは比較的楽。サイドポールに掛けるだけなので繊細な作業は必要ありません。

以前のコットは穴にフレームを差し込む形だったので大変でした。

 

f:id:shirodango:20211011222849j:plain

これで完成。脚フレームが多めの5本なので組み立て、片付けに時間かかりますが耐久性は高いと思われます。実際に耐荷重は150kgまで可能です。

 

f:id:shirodango:20211011222901j:plain

このノルディック柄はとても気に入りました。単色のコットが多いので柄を選べるのは結構嬉しい。

大きさは長さ185cm×幅66cm×高さ16cmで僕のロシア軍幕にはギリギリ。

www.shirodango.com

このままでも我慢できますが幅を広げるような張り方にして余裕を持たせても良いですね。

 

使用感

f:id:shirodango:20211011223325p:plain

身長180㎝の僕が横になるとこのような感じ。

長さが185㎝なのでちょっと心配でしたが全く問題ありませんでした。普通に寝返るできる横幅もあって寝心地はとても良いです。

 

f:id:shirodango:20211011223006j:plain

一番重いお尻は結構沈みます。

ここから使用していくたびにどこまで伸びていくのか気になりますね。一応公式ではこの張り具合と沈み具合は良い寝心地を実現する為に綿密に調整した物らしいです。

 

f:id:shirodango:20211011223448p:plain

座るとよく沈むのでこのコットではあまり座らない方が良いかも。

寝るだけで使えば生地の弛みが多少は防げると思います。

 

f:id:shirodango:20211011223022j:plain

他のキャンプ道具と合わせると柄があるので目立ちやすいです。

ミリタリー系と合うか気になっていましたが個人的には大丈夫。

 

f:id:shirodango:20211011223048j:plain

僕のキャンプでは寝る時まで出番がないのがコット。おかげで寝るのが普段のキャンプより倍楽しみでした。

久しぶりのコット寝は朝起きた時に自宅と勘違いする程熟睡できました。特に狭さを感じる事もなく腰が痛くなることもありませんでした。

 

 

良い所、悪い所

f:id:shirodango:20211011223108j:plain

それではFUTURE FOXの『ローコット』の総評といきましょう!

 

良い所

・軽量&コンパクト

・組み立てやすい

・柄がおしゃれ

・コスパ良い

2.5kgという軽さで収納しても片手で楽に持ち運べるのは大変嬉しい。収納袋も若干大きく作られているみたいなので余裕があります。

組み立てで一番大変な脚フレームの固定もそこまで力を入れずに出来ます。5本脚で取り付けに時間がかかりますが、その方が頑丈で安心して使用できます。

この性能で5色から選べる自由さも付いて1万円以内はコスパ良いと思います。

 

悪い所

・思いの外沈む

・収納が少し難しい

使用時に生地が思いのほか沈むので今後使い続けて緩みすぎないか怖いです。一応良い寝心地の為に考えられた緩みらしいのですが・・・。

部品ごとに収納袋がないので全部同じ一袋にまとめて入れます。その結果ポールや脚フレームのショックコードが跳ねて上手く収まりにくいです。いちいち輪ゴムなどで固定するのも面倒くさいしどうしたものか。

 

 

最後に・・・

今回のコットしかり段々道具がコンパクトな物に変わっています。大荷物だと運搬、設営、片付けが本当に大変で倍疲れるんですよね。

そして一度少ない道具でのキャンプを味わったらもう元に戻れない。でもミリタリー道具だけは除外、どんなに重くても持って行ってしまう魅力があります。

またミリタリー道具が増えそうですが、収納箱系はもういらないかな。自宅用に買っても良いけど・・・。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!