強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

こんなペグ見た事ない!アーク型ペグ『BITE STAKE』レビュー【PR】

広告

f:id:shirodango:20210627172639p:plain

キャンプする人にとっては必要不可欠な道具がペグです。

ペグが無ければテントは風で飛ばされ、タープは張る事もできません。でもペグって地味なイメージがありませんか?

今回そんなイメージを払拭するペグを『SALTAHIKE』様からご提供頂きましたのでご紹介します。

そのペグの名は『BITE STAKE』!

 

 

 

『SALTAHIKE』とは・・・

画像

2021年に設立予定のガレージブランド。今回のペグは「株式会社シンエイコーポレーション」という会社に依頼して作られています。

「デザインでキャンプを変える」を合言葉に「次はどこにいこう?」というワクワク感を応援する、デザインと機能性が融合したギアを展開していく予定です。

https://www.makuake.com/project/bite-stake

病気で視力をほとんど失ってしまったご兄弟の為にこのブランドを立ち上げられました。二人三脚で事業を行い、全く新しいキャンプ道具の開発に尽力されています。

ブランド名は旅人・道案内の神様である猿田彦神からつけられており、まさにペグは安全なキャンプを過ごすために必要な道具。

ペグ以外でも今後作られるキャンプ道具がとても楽しみなブランドです。

 

 

『BITE STAKE』レビュー 

実際に1泊2日のキャンプで使用してきました。

ちなみにこの日は雨の影響で緩んだ地面でのキャンプでした。

f:id:shirodango:20210627153406j:plain

サイズ:全長229mmx幅8mm~21mmx厚み8mm

ヘッド部:35mmx33mm

重量:約175g/1本

材料:SS400・クロムメッキ

一番の特徴は弯曲した形状。一般的なペグが真っすぐなのでとても目立ちます。 

長さは約23㎝と長すぎず、短すぎずの丁度良い大きさ。よく見かけるエリッゼステークやソリッドステークは28㎝、30㎝が人気なので、短いと感じる方もおられるかもしれません。

色は美しいシルバー。色つきペグは子供の事故防止になりますし、紛失しても見つかりやすいです。

外見の感想はそれくらいで、早速使ってみましょう!
 

 

打ち込み 

f:id:shirodango:20210627155524j:plain

テントに使う前に試し打ち。

アーク型を打つのはもちろん初めてですが、するする地面に入ります。ペグ自体の幅が広いのでハンマーが当たりやすく打ち込みやすい。

実はこのペグ、ヘッドの斜めになっている所を地面と垂直になるように持つと簡単に打ち込めるガイド機能が付いているのです。とても親切な設計ですね。

 

f:id:shirodango:20210627160505j:plain

打ち込むと指の力ではびくともしません。

今回打ち込む際にあえて角度を高くして打っています。どれくらい抵抗力が強いのか試してみたいからです!

元々の実験では引き抜きに対する抵抗力が28㎝ペグと同等だったみたい。どれくらい踏ん張れるのか実際に見せていただきましょう!

 

腕力 vs BITE STAKE 

f:id:shirodango:20210627161227j:plain

軽くガイロープを引っかけて腕力だけで引っ張ってみましたがBITE STAKE抜けず!

ペグとして力を発揮する横、斜め方向の抵抗力はとても強いようです。

 

f:id:shirodango:20210627161231j:plain

ちょっと意地になってぐいぐい引っ張ってみましたが尚抜けず。

冒頭でも紹介した通り地面が雨の影響でぬかるんでいるので引いた方向に多少動きますが抜けません。アーク型なのでより地面に食い込んでいるのかな?

 

ヌノイチ vs  BITE STAKE

f:id:shirodango:20210627161822j:plain

皆様はヌノイチという幕をご存知でしょうか?

奇抜で特徴的な道具を多数開発しているDODの商品で、名前の通りポリコットンの布一枚に切れ込みが入っただけの幕。

このヌノイチにはペグに負荷がかかりまくるポイントが2カ所あります・・・。

 

f:id:shirodango:20210627163130j:plain

それは前方のガイロープが3本もかかる所!

ここまで一つのペグにロープがかかるテントやタープは無いと思います。

いつもはエリッゼステークが頑張っているポイントですが今回はBITE STAKEに頑張ってもらいましょう。

風こそないですが、雨でぬかるんだ地面はペグには辛いコンディション。しかも現在進行形で雨が降っている状況。こんな時にキャンプする僕もおかしいですがBITE STAKEの力を見せてもらいます。

 

f:id:shirodango:20210627162815j:plain

猛烈な雨を期待しましたが夜は時々小雨が降る程度。

ですが深夜帯から朝にかけてよく降りました。

そして翌朝・・・。

 f:id:shirodango:20210627161644j:plain

しっかり刺さっています!

深夜に雨が入らないようにロープを締め直したり、幕についている水滴を飛ばそうとバサバサしましたが無問題。

コンパクトでありながら強い!体を張って証明してくれました。 

 

f:id:shirodango:20210627163437j:plain

締めに3本のガイロープを束ねて腕力で引っ張りましたがやはり抜けず。

緩い地面でも問題なく使用できるようです。これには完敗です。 

 

引き抜き

f:id:shirodango:20210627164017j:plain

アーク型で地面に斜めに入っているから抜けにくいイメージでしたが、他のペグとあまり変わりませんでした。

いつも通りハンマーについているペグ抜きを引っかけてするっと抜けます。

 

f:id:shirodango:20210627164249j:plain

このBITE STAKEの面白いのは反対側からは弱い所。

写真のように角度が変わるとペグ抜きが無くても引っこ抜けました。

「BITE STAKE」は1方向に対して最大の抵抗力を生み出す鍛造ペグという設計思想で開発しました。

https://www.makuake.com/project/bite-stake

と書かれている通り1方向へは強いですが、刺しこんだ逆側、横側からの力には弱いようです。

他のペグも同様の事が言えますがしっかり向きを間違えないように打ち込まないといけません。逆にいえばしっかり打ち込んでおけば強靭な抵抗力を出せるという事ですね。

 

 

最後に・・・

腕力で頑張ったりヌノイチと戦わせたりと微妙な実験をしましたが、このBITE STAKEの見た目が単純に好き。

無骨で他のペグとは確実に被らないこの外見はかっこよすぎます。完全僕好み。

見た目良くて性能も良いとか欲張りすぎ!

 

そんなSALTAHIKE様が開発した『BITE STAKE』はmakuakeで販売していますが、記事投稿時点で終了間際なので直接問い合わせるのが良いと思います。

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓SALTAHIKE(サルタハイク)↓

お問合せ:saltahike@gmail.com
Instagram:https://www.instagram.com/saltahike/
Facebook:https://www.facebook.com/saltahike
Twitter:https://twitter.com/SALTAHIKE
YouTube:SALTAHIKE【サルタハイク】 - YouTube

www.makuake.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!