強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

IHでダッチオーブンちぎりパン作り!自宅でもキャンプ道具を活用しよう!!

広告

f:id:shirodango:20210602190612p:plain
コロナ自粛でキャンプに行けないなら家でキャンプ道具使えばいいじゃない!・・という事で以前炭火で作ったダッチオーブンちぎりパンをIHクッキングヒーターで作ってみました。

 

 

 

↓炭火で焼いたのはこちら↓

www.shirodango.com

 

 

使用する物

  • ダッチオーブン20㎝
  • IHクッキングヒーター
  • ホームベーカリー
  • ボウル
  • ラップ
  • アルミホイル
  • クッキングシート
  • ミトン

ダッチオーブンは前回同様キャプテンスタッグのダッチオーブン20cmです。

 

その他の道具は家庭にほぼあるものだと思います。

今回の目的は『IHでパンを焼く』なので僕が一人暮らしの時から使っているIHには頑張ってもらいます。

 

材料

  • 水:100cc
  • 強力粉:200
  • 砂糖:14g
  • 塩:5g
  • バター:10g
  • ドライイースト:2g

炭火の時と比較がしやすいように前回と同じにしました。 

強力粉は少なくても良いですし、バターではなくサラダ油でも上手く作れると思います。

バターは高いので普段ホームベーカリーでパンを焼く際は大体サラダ油を使っています。しっとり感と塩気が減りますがパンは十分焼けます。

 

 

パン作り開始

f:id:shirodango:20210601214939j:plain

パンを作る前にダッチオーブンの蓋がIHに適応しているのかチェックしておきましょう。

IHで使えない場合は今回の方法では作れません。本体より蓋の方が大事になります。

 

f:id:shirodango:20210601214930j:plain

まずはホームベーカリーに先ほどの材料を投入して『ドライイースト』の『パン生地』を押します。

ホームベーカリーはパナソニックのSD-BH103-Pを使っています。

すごく古い機種ですがバリバリ現役です。 

 

f:id:shirodango:20210601214932j:plain

約1時間程度でパン生地が出来るので、取り出してボウルに入れラップで封をして冷蔵庫に入れておきます。ボウルに引っ付かないようにクッキングシートを敷いています。

早く作る方はそのまま二次発酵させれば良いです。翌日は仕事だったのでこの日は寝かせて次の日の夕方に焼こうと思います。

 

翌日

f:id:shirodango:20210601214952j:plain

家でパン生地が待っていたので仕事から帰るのが楽しみでした。

ダッチオーブンにアルミホイルを敷いたらスケッパーで切り分けたパン生地を並べていきます。

前回7等分でしたが今回火が通りやすいように10等分にしてみました。20㎝だとこれが限界ですね。

 

f:id:shirodango:20210601215006j:plain

暖かい場所にダッチオーブンを放置します。

夏であればエアコンが効いていない所、冬であれば暖房器具の近くなどにすると発酵が安定します。

僕は浴室近くにしました。洗面台と浴室の間にあるダッチオーブンがやたらシュール。

 

f:id:shirodango:20210601215012j:plain

ある程度時間が経過して見に行くと十分発酵していました。むしろ発酵しすぎかな?

指で目立たない所を押してみて痕がついたら二次発酵完了です。

やはり度々チェックした方がよいですね。

 

f:id:shirodango:20210601215021j:plain

炭火で焼く時は蓋の上と浮かせた本体の下に炭を置くので、上下に熱源がある状態になります。

IHやコンロだと上部分を熱するのが不可能なので、まず蓋だけをIHで熱します。

どこを持っても激熱なのでミトンか専用のリフターを使用しましょう。

 

f:id:shirodango:20210601215053j:plain

ここからが大変。

キャンプでは30分程で出来るのですがIHだとわかりません。

まず焦がさないように火力を弱火に設定します。そこから・・・

10分焼く→確認→蓋だけ再度熱する→10分焼く(繰り返し)

という風にしてみました。写真の状態は30分程焼いた状態です。

 

完成

f:id:shirodango:20210602184308j:plain

最後に締めで20分程最弱で焼きました。

上部は相変わらず真っ白な状態。やはり上からの熱源がなくては難しいのか・・・

 

f:id:shirodango:20210601215201j:plain

と思ったら底は綺麗に焼けていました。

むしろ焼きすぎたかなという感じ。上部分もこのような焼き具合になれば最高だったんですけどね。

 

f:id:shirodango:20210601215219j:plain

中はどこもしっかり焼けていました。

味は以前作ったパンと比べて塩気が強い感じがしました。バターをいれすぎたのかも。

 

 

改善すべき点

『上部の焼き加減』・・これに限りますね。

パン生地の上からもアルミホイルを巻くのはどうでしょうか?膨らみが弱くなるかもしれませんが熱は逃げにくい気がします。

あとは10分のスパンが短すぎたので次回は長めに置いて蓋の熱が明らかに弱くなったら再度熱するのが良さそう。もしくは上からバーナー当てるといいかも。

底の焦げが怖いのであればダッチオーブン内に底上げ用の道具を入れたらもっと強い火力で焼いても大丈夫かなと思いました。

これからもちょくちょく焼いて調整していきます。

 

 

最後に・・・

ダッチオーブンは料理において無限の可能性を感じます。

購入してから料理がとても楽しい!

ですがお手入れがやっぱり大変で、放置するとサビてしまうのでサボる訳にはいきません。

焚火フライパン同様に使っていく内に馴染んでいく感じは楽しいけどいつまで続くかな。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!