強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

冬キャンプ用テントに求めるスペックは?冬キャン対応テントを3つ厳選!!

広告

f:id:shirodango:20200923210945p:plain

現在僕が使っているテントはゼインアーツのギギ‐1が主です。

建てやすく、使いやすく、広いという最高のテントなのですが、唯一の欠点が冬キャンプにはあまり向かない所。

今回は冬キャンプに向き、個人的に欲しい幕を3つピックアップしましたのでご紹介します。

 

 

 

ギギ‐1は冬キャンプにはどう?

ゼインアーツ公式にはギギ‐1は春、夏、秋の3シーズン用と記載してあります。

過去に寒い時期にギギ‐1を使ってキャンプをしました。その時メインの暖房器具はレインボー 石油ストーブを使い、サブでガスストーブを使用。

↓ガスストーブはこちら↓

www.shirodango.com

結果、下半身が寒い。その時に風がよく吹いていたせいもありますが隙間風による冷気が辛かったです。

原因はスカートがないから。少しでも風が吹けばテントと地面の間から足に向けて風が入ってきます。

このギギ‐1を買うまで少し小さいノースイーグルワンポールテントを使っていたのでテント内の暖まりにくさも感じました。

 

テント内で暖房器具を使うとギギ‐1はポリエステル&生地が薄いので結露が物凄いです。

内部も濡れてしまって雫が垂れる事もありました。こういう時にコットンが欲しくなるんですよね。

 

まとめると・・・

ギギ‐1は冬キャンプで使えない訳ではない 

暖房器具がしっかりしていれば大体の寒さは乗り切れそうですが、冬対応テントと比べると冷え込みます。

冬以外の3シーズンでは最高のテントなんだけどな~。しょうがない。

 

 

冬用テントに欲しいスペック

これから冬に対応したテントを買うべく欲しい性能を挙げてみます。 

 

確実に欲しいスペック

・スカート付き or インナー付き

冷気対策は必須。その為にはスカートがついているか、インナーと一体型のテントが好ましいです。

 

・外見が良い

「ちょっと変わったテントが欲しい病」の僕なのでデザインが変わっていたり、気に入ったテントが欲しいです。

遠くから見て自分のテントだとわかる物が良い。他の人と被りたくないし。

 

・広い

ソロキャン用のテントで調べるとすごくコンパクトなテントがよく出てきます。

確かに持ち運び楽そうだし、荷物少なくなるしで良い事ばかりですが窮屈じゃない?

以前使っていたパップフーテントや大炎幕のようなパップテント型なら良いですが、小さいワンポールテントとかはちょっと無理。

単純に自分が狭いのが昔から苦手なのである程度の広さは欲しい。

 

 

出来れば欲しいスペック

・薪ストーブ可

今年の冬は昨年2回しか使用できなかった薪ストーブを思いっきり使いたいと思っています。

ギギ‐1はポリエステルなので火の粉が燃え移ると穴が開きます。最悪広範囲に燃えてしまう事も・・・。

とても気に入っているテントなのでギギ‐1では薪ストーブを使いたくない。

薪ストーブをインストールしやすいテントか、煙突穴付きのテントが欲しい。

最悪今持っているノースイーグルワンポールテントで薪ストーブを使用するので「出来れば・・」としました。

 

・ポリコットン or コットン

先ほどの薪ストーブにも関係しているのですが火の粉には強い素材が欲しいです。

今持っているテントが全てポリエステルテントなので一幕は手元にあると嬉しい。 

あとポリエステルの結露問題が嫌なので・・・。

 

 

この条件から個人的に気に入ったテントを血眼で探しました。

AMAZON、楽天だけでなくGO OUTの「THE CAMP STYLE BOOK」はKindleの液晶に穴が開くほど見ました。

そして見つけ出したテント達がこちら!!

 

 

テント購入候補1 

MINIMAL WORKS / JACK SHELTER PLUS

f:id:shirodango:20200922195909p:plain

MINIMAL WORKSは韓国のキャンプブランドです。正直ある問題がなければ即購入するシェルターでした。

 

良い点

・奇抜な外見

これこそ遠くから探しても一目でわかるシェルター。オシャレすぎて見つけた瞬間購入を考えました。

秘密基地のような、軍幕のような形状はどんな風にキャンプ道具を設置するか考えるのが楽しそう。

 

・デッドスペースがない

アーチ形のセンターポールのおかげで、ワンポールテントのような大黒柱がなく、サイドウォールも垂直なのでシェルター内を広々使えます。

 

・3,600gの超軽量

幅、奥行き300cm、高さ190cmの大きさからは考えられない程軽いです。

これは本体だけでなくポールも含めた重さで3600gです。軽すぎ。

 

 

悪い点

・お値段が高い

本体だけで6万円、別売りのポールを入れると約7万円となります。

ハイエンドクラスではなくミドルクラスといった所でしょうか。お財布がつらい。

 

 ・風に弱い?

普通のテントと違い垂直なので風の影響をもろに受けます。

確定ではないですが突発的な強風などには弱いかもしれません。

 

・入荷しない

最大の問題点。どのネット販売店にも「SOLD OUT」の文字。

唯一楽天、Yahoo!ショッピングでありましたが予約注文の商品でした。しかも最初は9月入荷予定だったのが現在は10月入荷予定となっています。

もう冬が来ちゃう!

 

こちらの商品はポリエステルなので火の粉には弱いですが、何といってもこの外見に惹かれました。

薪ストーブはサイドウォールの一画を上げれば使えるかなと思っています。

それかシェルターなので石油ストーブで籠ってもいいですね。

スカートが標準装備なのも嬉しいポイント。

だけど・・・入荷しない!!

 

 

テント購入候補2

Hilander /  NAGASAWA 300

f:id:shirodango:20200922203731p:plain

こちらも癖があるテントです。ジャックシェルタープラスがいつまで経っても入荷しないので見つけ出したのがこちらのテントです。

 

良い点

・奇抜な外見

ジャックシェルタープラスと同じ良い点。ジャックシェルタープラスよりすごく目立ちそう。

本家はロータス・ベルだと思いますが、日本らしいネーミングがおもしろいですね。日本人しかわからないでしょう。

 

・設営が簡単

このテントはエアーフレーム構造を採用しているので各所にポールをいれたら後は空気で膨らますだけ。

他のキャンパーさんでエアーテントを見てから気にはなっていました。

 

 ・広い室内

外側に張り出しているので室内はとても広いです。

エアーフレーム構造のおかげでセンターポールもないのでキャンプ道具の設置に困りません。まさにグランピングのようなキャンプを楽しめます。

 

 

悪い点 

・片付けが大変そう

エアーで簡単に建てられますが、逆にエアーが完全に抜けないと畳めないと思われます。

キャンプ終了日は憂鬱になるので早く帰りたい僕としては気になります。

 

・薪ストーブは無理

100%無理です。レンガで地面から離し、耐熱シートで被えば出来るかもしれません。

そこまでの労力をかけるなら石油ストーブで我慢します。

 

・一人だと寂しそう

外見は気に入っていますし、エアーフレーム構造のテントはちょっと建ててみたい。

ですが、このテントをソロキャン利用する事を考えると寂しさを感じます。

大きさ的にはギギ‐1と大して変わりませんが、グランピング様の外見がそう思えてしまうのかも。

まぁ一人でギギ‐1を使っているのも他の人から見たら寂しい人間だと思われているかもしれないですね。

 

居住空間は広いですが、ギギ‐1と同じくデュオキャンが丁度良いくらいではないでしょうか。

デュオキャンが丁度良いとなるとソロキャンでは超快適に使えるはず。

面白い外見とグランピングのようなキャンプが楽しめそうで是非欲しい。

本家と比べると10万円程安いし、良いなぁ~。 

 

 

テント購入候補3

テンマクデザイン / サーカス コットン

f:id:shirodango:20200923194011p:plain

超有名ワンポールテントのサーカスTCのフルコットン版です。

候補3つめにしてやっとコットン系がきました。

 

良い点

・フルコットン

夏は涼しく、冬は暖かいコットン。薪ストーブと相性抜群であり真冬の寒い時期に使うテント素材としては一番安心できます。

フルコットンになっても元のサーカスTC+8000円程度の価格、サーカス TC DXと同価格です。これはコスパ良すぎ。

 

・サーカス系という安定力

一時期は転売ヤーのおかげで倍くらい値段が上がった超人気テントです。

TC素材、ダブルジッパー、スカート付き、ワンポールにしては広い居住空間などメリットだらけの素晴らしいスペックを持っています。

冬キャンプで薪ストーブをインストールしている方もたくさんおられるので、参考にしやすい。 

 

・意外と被らない?

サーカスTCだと秋、冬キャンプで良く見かけます。

このフルコットンは見ての通り真っ白。僕はキャンプ場で見かけた事は一度もありません。

他の選択肢として色違いのサーカス TC DX ダックグリーンと悩みましたが実物は青色系が強めのようなので止めました。

 

 

悪い点

・フルコットン 

コットンは上記で挙げたような良い所だけでなく、悪い所もあります。

まずとても重い。サーカス コットンは13.5kgとヘビー。ちなみによく使っているギギ‐1は総重量4.5kgです・・・さすがポリエステル。

次にポリエステルと比べて乾きにくいです。しかもちゃんと乾かさないとカビが生えやすい。雨が降るとテント内に染み出てくる事もあります。

悪い所もちゃんと頭に入れよう。

 

・前室がない

サーカスTC DXだと前室があるのでタープ状に張り出す事ができるのですが、サーカス コットンはサーカスTCと同形状なので前室がないです。

ソロキャンでタープをわざわざ張るのも面倒なので諦めてテントに籠るしかないですね。

 

・所持しているテントと被る

一応ギギ‐1はワンポールテントとしての側面も持っています。

メインはシェルターなので完全に被るわけでないですが、全然違う形状のテントの方が良いですね。

ギギ‐1はまだよくて、ノースイーグルワンポールテントはもう出すことがほとんどなくなりそう。

 

この3つの候補のなかでは一番落ち着いた形状。

最初に挙げた「出来れば欲しいスペック」を両方とも持っている事もありけっこう気になっています。

 

 

さいごに・・・ 

テント選びは本当に楽しいけど物凄く苦悩します。

スペックや、値段で悩むのもありますが一番は外見。かっこいい、オシャレなテントが最近多すぎて困ります。

 

流れでいけばサーカス コットンになりそうです。

ジャックシェルタープラスは入荷しないしナガサワは攻めすぎかなと・・。

ギギ‐1を購入する時に悩んだ相手がサーカスTCでしたし、今回こそ買おうかな。

www.shirodango.com

まぁ最後までしっかり悩んでいこうと思います。

そして近々買います!! 

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリで最高潮テンションになるので出来ればポチっとお願いします!!