強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

冬キャンプのお供 Dewsshine 一酸化炭素検出器レビュー!テント内で火器を使う方は必須の道具

広告

どうも!しろだんごです!

f:id:shirodango:20190228212013j:plain

本日はテント内で石油ストーブや薪ストーブを使用する方には必須の道具「一酸化炭素検出器」の商品紹介をしていきたいと思います。

今回購入した検出器はDewsshine 一酸化炭素検出器です。

 

 

目次

 

 

何故一酸化炭素検出器が必要なのか?

f:id:shirodango:20190228223040j:plain

一酸化炭素は、ものが不完全燃焼すると発生しやすくなります。そのため、換気が不十分な場所で火を使用することや、火災などが原因で一酸化炭素中毒となることが多いです。

一酸化炭素中毒について | メディカルノート

だいたいのテントは狭く、テント内の換気をするベンチレーションが備え付けてあってもしっかり換気できているか心配です。 

そんなテントの中で何も考えず火器を扱う事は一酸化炭素中毒に繋がる可能性が高いです。

 

「煙を吸わなければいいんでしょ?」「変な臭いがしたら換気すればいいでんしょ?」という声をよく聞きますが、これは間違った考え方です。

一酸化炭素は無味無臭。

その為いつの間にか一酸化炭素中毒になっていた、というパターンが多いのです。

 

こんな時要注意!

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 気分不快感
  • めまい
  • 判断力の低下

以上の症状が出た場合は直ちに換気 or テント外に出てください

 

火災により亡くなる方の40%はこの一酸化炭素中毒であるという報告もあります。

特に無味無臭っていうのが一番怖いですね。

なんかの漫画で、練炭自殺は地縛霊になりやすいという話を聞いたことがあります。

一酸化炭素中毒になると段々体が動かなくなるそうです。

その為途中で後悔しても遅く、じわりじわりと自分が死に近づいていくのを理解しながら死んでいくそうです。

結果、未練を残して地縛霊の完成!という訳ですね。信じるか信じないかはあなた次第!おそろしい。

 

そんな怖い無味無臭の一酸化炭素を見つけてくれるのが『一酸化炭素検出器』なのです!

 

 

なぜDewsshineの一酸化炭素検出器を購入したのか

 

今回幕内で石油ストーブを使用するにあたってAMAZONで購入しました。

これはもちろんキャンプ用ではありません。自宅で使う用です。

彼女に節約を迫られている僕としては値段は抑えれているほうがいい。

ですが安すぎても怖いので、AMAZONレビュー数が多く、評価が低すぎないものを選ぼうと考えました。

丸形の検出器は大量にあり、どれも同じような形状なので違いがわからない。

f:id:shirodango:20190228222637p:plain


 

その中でこのDewsshineの検出器は一番レビュー数が多く、その数33!

f:id:shirodango:20190228222458p:plain

そして星は購入当時は2.8・・・。まぁ良しとしよう!

 

他に星が高いものがあったのですが、レビュー数が少なかったり、怪しいサクラレビューも紛れてそうなのでやめときました。

(AMAZONにはたまにサクラレビューがあるので特に海外製品を購入する際は気を付けてください)

 

評価の低い人のレビューは、「取扱説明書が意味不明」や「やけに一酸化炭素を検出する感度が高い」、「初期不良」などで「検出できなかった」というレビューはありませんでした。

 

 

商品紹介

注文から2日で届きました。箱はもちろん全て英語表記

f:id:shirodango:20190228212147j:plain

 

開けると左上から箱、本体、日本語(?)説明書、壁などに取り付けるネジ

 f:id:shirodango:20190228212153j:plain

 

ネジ類は使わないので箱に入れて放置。

f:id:shirodango:20190228213730j:plain

 

外観は安いプラスチック感が強い。あんまり頑丈ではなさそう。

ですが大きくなく、軽いので持ち運びが楽そうです。

f:id:shirodango:20190228212314j:plain

 

そして説明書はこの有様。「字が小さすぎて読めなぁぁーい!」という訳でなく、単純によくわかりません。

中国語をエキサイト翻訳で日本語に変換したのかな? 

f:id:shirodango:20190228212335j:plain

 

そこでAMAZONの商品説明欄にちゃんとした日本語説明がありました。これを同梱すればいいのに。

 

ここがテストボタンで、横の三角形の穴がガスを検知してくれるとこのようです。

f:id:shirodango:20190228212340j:plain

 

裏面はこんな感じ。ちゃんと引っかけれる所があります。

f:id:shirodango:20190228212639j:plain

 

実はこれ正面をそのままひっくり返した状態なのですが、すごいずれてます。

 

少し緩んでたのかな?と思いしっかり締めてみましたが、やっぱずれてます。

まぁ壁に設置しないからいいんですが、気になる。

 f:id:shirodango:20190228212610j:plain

 

中は単三電池3本で動作します。

そして早速いれてみると「ピィィーー!!」という爆音と裏のバックライトが光りました。

f:id:shirodango:20190228213334j:plain

 

そして真ん中のリセットボタンを押すと、再度爆音と共に電源が入りました。

f:id:shirodango:20190228213411j:plain

 

その後青い光は消え、濃度を表す数字が出ますが数秒後には消えてしまいます。

f:id:shirodango:20190228213443j:plain

 

その後は度々真ん中のスイッチを押さないと、濃度がわからない状態となります。

常に濃度が表示されないので不安ですが、ちゃんと動く事がわかりました。

 

 

 

実際にキャンプで使ってみました

ノースイーグルのワンポールテント内で使用しました。

スカートがなくベンチレーションもあるので、換気はしっかりされており一酸化炭素が溜まることは少ないテントです。

 

 

使用した際、キャンプ場に風は吹いていませんでした。

電池を入れて早速スイッチオン。

f:id:shirodango:20190228213532j:plain
周りにキャンプしている人がいなくて安心しましたが、静寂な川辺で先ほどの「ピーー!!」音はなかなか響きます。

なので音が出る部分をシュラフで抑えながらスイッチを押しました。

 

置き場所は家の火災報知器同様上部に設置しようかと思いましたが、コット横に置きました。(写真右)

f:id:shirodango:20190228215549j:plain

 

何回かリセットボタンを押して状態を確認していると、一度20ppmと表示されました。

これは頻繁にタバコを吸う喫煙者くらいの濃度らしいです。

実際に頭痛などの症状が出てくる数値が200ppm以上なのでまだまだ大丈夫。

 

完全白のプラスチックなのでキャンプには映えませんが、しっかり機能してくれている事がわかりました。

 

 

まとめ

メリット

  • 安いがちゃんと機能してくれる
  • 片手で収まるコンパクトさ

 

デメリット

  • 作りが雑
  • 説明書がわかりにくい
  •  キャンプ映えはしない
  • 常にppmが表示されない

 

少し不安、不満な部分がありますが、実際問題なく動作するので僕は満足です。

これを使って残り少ない冬キャンプを楽しんで行きたいと思います。

それではみなさんも良いキャンプライフを!!