強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

なぜヘリノックスチェアは高い?類似品じゃダメ?調べてわかった凄さ紹介!

広告

f:id:shirodango:20200307224411p:plain

「キャンプチェアといえば?」と質問されると韓国のブランド『ヘリノックス』がパッと浮かびます。

それ程人気のブランドですが、僕が気になるのはその価格。

安い物でも1万円、高いと2万越え。

その人気と高い理由について調べました。

 

 

 

ヘリノックスとは?

f:id:shirodango:20200307215830p:plain 

高級アウトドアブランドのヒルバーグや日本発祥のモンベルなど世界の名だたるアウトドアブランドにトレッキングポールを供給している『DAC(ディーエーシー)社』が2009年に立ち上げたのが『Helinox(ヘリノックス)』です。

元のDACは1988年創業しており、約30年以上の歴史がある会社。

創始者のジェイク・ラー氏はアメリカで学んだ金属加工や工業全般技術を使いテントポールの製造を始めました。

当時は『イーストン社』のポールが主流でしたが、DACはまたたく間に世界の多くのテントメーカーにポールを提供するブランドとなりました。

 

『Helinox』の由来ですが、ギリシャ神話に出てくる太陽の神『Helios』と夜の神『Nox』を組み合わせた造語。

ブランドロゴは皆既日食を表しています。

 

ヘリノックスは、ドイツで毎年開催されている『ISPO AWARD』や優れた『red dot design award』など数々の賞を受賞されています。

2019年にはルーブル美術館でのシネマイベントにヘリノックスチェアが使用されるなど世界的に認知され、大人気のアウトドアメーカーです。

 

 

なぜ高いか考察?

個人的に高い理由を考えてみました

  1. ブランド力
  2. デザイン性
  3. 安心の耐久性

以上3つが値段が高い理由と思いました。

 

1.ブランド力

先程の説明から言うまでもなく高いブランド力。

正直調べるまでそこまですごいブランドだと思っていませんでした。

そんな世界的に超有名なアウトドアメーカーなので高いのは当たり前。納得できます。

 

最近は衣服でブランドロゴをごり押しするスタイルが流行っているみたいですが、ヘリノックスも同様です。

ヘリノックスを持っているという優越感は限りなく高いはず。

決して大きくなくチラッと見える程度の『Helinox』の文字は眺めるだけでニヤニヤしそう。

 

 

2.デザイン性

今では多数の類似品がありキャンプ場でよく見かけるチェアですが、最初にこのチェアを作ったのはもちろんヘリノックス。

シンプルな構造ながら座面が吊り下げられているので身体が埋まるような快適な座り心地です。

僕も類似品を持っていますが、この構造は本当に良い。

長時間座っていも仙骨座りになる事はなく、腰痛が出現する事もありません。

 

また様々な用途に応じてチェアを選択できるのも良いポイント。

 

背中が長い事でゆったり座れるような物や・・・

 

座面が低い事で足を延ばす事が出来るものまで様々。

 

カラーバリエーションが豊富で好きな色を選択できるだけでなく、有名メーカーなので他ブランドとのコラボ商品もあり飽きる事がありません。

 

 

3.安心の耐久性

ヘリノックス製品に採用されている合金製ポール『TH72M』は非常に高強度で柔軟性を合わせ持っているポール。

製造時のアルミの防錆加工で多くの有害物質を排出されるのですが、DACではクリーンなものに改良した事で自然に優しい製品となっています。

 

軽く、丈夫でしなやかさを備えたこのポールを使ったチェアは長時間、長い年月付き合ってくれる相棒のようなチェアーとなると思います。

 

 

人気のチェア紹介

少しお値段が高い理由も納得できました。
ここからはそんな大人気ヘリノックスの有名チェアを紹介します。

まずはオーソドックスなチェアワン

言わずもがな安定した座り心地で、背面はメッシュになっているので通気性抜群。

ヘリノックスブランドのフラグシップモデル。ここからヘリノックスチェアの歴史が生まれました。

 

 

先ほどのチェアワンの背もたれを高くしたチェアツー

ヘリノックスのおもしろい所は、このチェアツーのように様々な用途に対応した商品がある所。

他には軽さを極めたチェアゼロや、幅が広がる事でさらにゆったり座れるチェアワン Lなどあります。

 

 

こちらのコンフォートチェア のように好みのカラーから選べるのも嬉しいポイント。

こればっかりは中華性の類似品には敵いません。

 

  

チェアホーム ミニ のようなコンパクトなサイズもあります。

耐荷重が90kgと下がってしまいますが、安定性抜群なポールはそのまま。

子供だけでなく大人も使用できる製品となっています。

 

 

こちらのタクティカル スウィベルチェアは新しいタイプの座面が回転するチェア。

他のチェアと比べ座面が狭く、高くなってしまいますがそれを補う『回転』するというメリット。

焚火上で調理する時など移動が必要な際はとても使いやすいそう。

 

 

最後に・・・

今までは「椅子ごときに1万も出せるか!」と思っていましたが、この考えは改める必要があります。

逆に確固としたブランド力と、それを証明する高品質な製品に相応の値段を出すのは納得。

今まで馬鹿にしてすいません。

 

調べてしまうと欲しくなってしまうのがつらい所。

少なくとも僕が買った中華性の偽ヘリノックスは使う事はないでしょう。

またお金が入ったら購入を検討しましょうかね。

 

それでは今日はここまで!

みなさんも良いキャンプライフを!!