強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

【テンマクデザイン】炎幕シリーズの違いを詳しく解説!初代から最新炎幕まで全て違って全て良い!

広告

 

f:id:shirodango:20200304213216p:plain

サーカスTCで有名な『テンマクデザイン』が販売しているパップテントのようなテント『炎幕』

単純な形状で武骨な雰囲気が人気のテントですが、炎幕シリーズは全部で4つ種類があります。

今回はそれらのテントを一つずつ解説していこうと思います。

 

 

※早く違いだけ知りたい方は『まとめ』へGO!

 

 

炎幕の種類

  • 炎幕
  • 炎幕DX
  • 炎幕DX EVO
  • 大炎幕

以上4つがテンマクデザインHPに掲載されています。

大炎幕はわかりやすそうですが、DXとかEVOって?

一つずつ解説していきます。

 

 

炎幕

<素材>
フライシート:コットン100%(表面撥水加工、抗カビ加工)
グランドシート:ポリエステル オックス210D
ポール、ペグ:スチール製
耐水圧:1,500mm(グランドシート)

<サイズ>
フライ(約):W:330×D:190×H:130cm
グランドシート(約):W:187×D:93×H:10cm
重量:(約)5.6kg(本体 2.8kg、ポール 0.94kg、グランドシート0.42kg)

付属品:グランドシート、ポール×2本、張り綱(2m×4本)※白色、ペグ12本、収納袋

https://www.tent-mark.com/enmaku/

最初に発売され、シリーズの原型となっている炎幕

コットン100%のテントなので火に強く、結露しにくい。

大きさは完全にソロ用に作られています。

フルコットン、キャンプに映える自然色から本物のパップテントと見間違う程男らしいテントです。

他の炎幕シリーズと違いスカートがないので秋、冬のキャンプは少し冷えるかも。

 

初代なので後継テントと比べて惜しい点が多いですが、色は一番かっこいいです。

パップテントの魅力は大変わかりますがどうしても中古品な訳なので、心配な方は炎幕でパップテント風なキャンプをするのも良いと思います。

 

 

炎幕DX

<素材>
フライシート:コットン100%(表面撥水加工、抗カビ加工)
グランドシート:ポリエステル オックス210D
スカート:ポリエステル
ポール、ペグ:スチール製
耐水圧:1,500mm(グランドシート)

<サイズ>
本体(約):W:330×D:190×H:130cm
グランドシート(約):W:187×D:93×H:10cm
重量:(約)7.6kg(本体 3.68kg、ポール 1.88kg、グランドシート0.42kg)

付属品:グランドシート、ポール×4本、張り綱(2m×7本)※白色、ペグ×15本、収納袋

https://www.tent-mark.com/enmaku_dx/

炎幕をそのまま改良したのが炎幕 DXです。ある意味『炎幕2』といった所でしょうか。

改良部位としては・・・

  • サイドパネルとスカートの標準装備 
  • キャノピーポール2本付き(合計4本ポール)

サイドパネルにより雨風を防げ、プライベート空間が若干広がりました。

そしてスカートの標準装備で寒さへの対策。全体的にテント内の気密性がアップしています。

色々装備が増えた事で若干重量が増えていますが、別売りだったキャノピーポールをまとめて持っていけるのはありがたい。

スカートキャノピーの先部分がオリーブ色なのでテントのタン色とメリハリがついて映えています。

 

個人的に一番かっこいいと思う炎幕。

もちろん炎幕より値段が上がってしまうのがつらい。

 

 

炎幕DX EVO

<素材>
フライシート:ひさし部 コットン100%(撥水加工/防カビ加工)
背面・側面部 ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)
グランドシート:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)
メインポール:スチール製3本継ぎ(φ19mm×1.300mm)×4本
耐水圧:1,500mm(グランドシート)

<サイズ>
収納サイズ:(約)570×220×220(高)mm
組立サイズ:フライシート (約)3,300/2,000×1,900×1,300(高)mm
グランドシート (約)1,870×930×100(高)mm
重量:(約)6,67kg

付属品:スチール製ペグ15本、張り綱(2m×7本)、収納ケース

https://www.tent-mark.com/enmaku_dx_evo/

炎幕 DX の性能で一部ポリエステルにして使いやすく軽量化したのが炎幕 DX EVO

キャノピー部分だけコットンで背面部分はポリエスエルです。

ポリエステルが使われている為小さく畳む事ができ、取り回しが楽になっています。

肝心の重量は炎幕 DXより約1kg軽くなっています。1kgが大きいかと言われると微妙ですが・・・。

 

最近(R2.3月)までAMAZONで激安の19800円で売られていたのですが今は在庫不足のようです。

↓詳しくはこちらでまとめました↓ 

www.shirodango.com

 

 

大炎幕

<素材>
フライシート:ひさし部:コットン100%(撥水加工、抗カビ加工)
側面・背面部:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)
グランドシート:ポリエステルオックス210D(PUコーティング/撥水加工)
メインポール:スチール製3本継ぎ(Φ19mm×1.550mm)×4本
耐水圧:1,500mm(ポリエステル部フライシート・グランドシート)

<サイズ>

収納サイズ:(約)620×230×230(高)mm
組立サイズ:フライシート(約)3,500/2,200×2,700×1,550(高)mm
グランドシート(約)2,050/2,000×1,500×85(高)mm
重量:(約)8,20kg

付属品:ポール4本、スチール製ペグ16本、張り綱(3m×4本、6,5m×2本)

https://www.tent-mark.com/daienmaku/

炎幕 DX EVOを大きくしたのが大炎幕。これはわかりやすいですね。

気を付けてほしいのが炎幕 DX EVOを大きくしたので、フルコットンではない所です。

幅だけでなく高さが約25㎝高くなった事でさらにプライベート空間にゆとりがもてるようになりました。

 

個人的にはただでさえギアの選択に困る炎幕シリーズなので、大きくなると使いこなせないかもしれないです。

お値段は炎幕 DX+3000円程度なのでとてもリーズナブルです。

 

 

一緒に購入したい商品

炎幕シリーズにはインナーテントは標準装備ではないので別途購入が必要です。

 

こちらはオールメッシュタイプのインナー。

 

 

※大炎幕は他の3種と大きさが違うのでインナーも違う点に注意。

スタンダードインナー

 

 

オールメッシュインナー

 

 

まとめ

  • フルコットン、スカートなし、キャノピーポールなしが炎幕
  • フルコットン、スカートあり、サイドパネルあり、キャノピーポールありが炎幕 DX
  • コットン+ポリエステル、スカートあり、サイドパネルあり、キャノピーポールありが炎幕 DX EVO
  • 炎幕DX EVOを大きくしたのが大炎幕

フルコットンか一部ポリエステルかで分ける事ができます。

値段では大炎幕が一番高く、炎幕が一番安いです。

 

個人的には大きさを取るか、素材を取るかと考えるので炎幕DXか大炎幕で悩みます。

一番は大炎幕の大きさのフルコットンテントが出るのが良い。おそらく値段が4万円台になると思うのでつらいですが。

後継テントが出ても初代テントを忘れない『テンマクデザイン』のテント開発には完敗です。

 

それでは今回はここまで!

みなさんも良いキャンプライフを!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリで最高潮テンションになるので出来ればポチっとお願いします!!