強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

サーモス保冷缶ホルダーがコスパ良すぎる!350ml缶がすっぽりハマるタンブラー

広告

f:id:shirodango:20220110184155p:plain

僕がキャンプ中必ず行うのが『飲酒』があります。キャンプをした事がある方ならわかると思いますが、非日常で自然を満喫しながら飲むお酒は格別です。夏でも冬でもキンキンに冷えたビールをお肉と一緒に流し込むのは最高。

ですがいつまでもキンキンに冷えた状態で飲むことはできず、気づいた時には温くなっている事がしばしばあります。せっかく楽しい時間なのに気持ちも冷めてしまいますよね。

そこで今回サーモスの『保冷缶ホルダー』を購入したのでご紹介します。これ本当に良い道具ですよ!

 

 

 

商品紹介

f:id:shirodango:20211213195832j:plain

冒頭でも紹介した通りサーモスから販売されているホルダーにもタンブラーにもなるカップです。色はステンレスを選びました。

 

簡単なスペックは以下の通り

サイズ:幅7.5×奥行7.5×高さ13cm

重量:0.2kg

容量:350㎖缶用

素材:本体/ステンレス鋼(アクリル樹脂塗装)、飲み口/飽和ポリエステル樹脂、パッキン/シリコーン

色:ステンレス、ミッドナイトブルー、パイングリーン、クランベリー

サーモス保冷缶ホルダー 

以前から存在は知っていましたがホルダーだけで温度を保てるとは思えませんでした。あとタンブラーで2000円以上って高い気がして・・・。

ですが久々に集まったキャンプ仲間がこの道具を絶賛していたので試しにと今回購入しました。

 

f:id:shirodango:20211213195844j:plain

ステンレス製の真空断熱構造なので中に入っている物は外気温に影響されず温度を保てるらしい。

見た目では間に真空が入っているとは思えないほど薄いです。

 

f:id:shirodango:20211213195848j:plain

付属の飲み口をつければタンブラーになります。正直これはあんまり使わない印象。

実際にこの道具をおすすめしてきた友人はどこにいったかわからないと言っていました。

 

f:id:shirodango:20211213195908j:plain

そして一番の特徴がこの350ml缶がすっぽり入る事!これによりわざわざ容器に注ぐ必要もなく、洗う手間が省けます。

見た目で楽しむ事はできなくなりますが飲みたい時にサッと取り出してガポッとはめてすぐに飲めるのは良いですね。

 

 

実際に家で使ってみた!

f:id:shirodango:20211213200020j:plain

早速キャンプで使いたい所でしたが、インドアでも使えるのがこの道具の良い所なのでまずは晩酌で使ってみました。

率直に申して・・・最高!

買わなかったことを後悔するくらいとても良いです。

まず缶が全く温くならない。冷蔵庫から取り出してプシュッと開けた冷たさがいつまでも続きます。

おかげで500ml缶を全く買わなくなりました。

 

f:id:shirodango:20211213200029j:plain

そして缶ホルダーではなくタンブラーとしても最高。氷が全く溶けないのでハイボールが薄まらずに自分の好きな割合でずっと楽しめます。

本当に保冷缶ホルダーの性能にびっくりしています。ユニフレームのタンブラーも持っていますが、氷の溶ける速度が明らかに違うんですよね。

 

 

キャンプでも使ってみた!

f:id:shirodango:20211213200415j:plain

インドアと比べて気温の影響を受けやすいキャンプですが、個人的にはインドアと大差ない気がします。

焚火を眺めながらお肉と一緒にいつまでも冷たいビールを飲み干す。キャンプには本当に最適な缶ホルダーだと思います。

 

f:id:shirodango:20211213200103j:plain

今回4色ある中でステンレスを選んだのが正解でキャンプとよく合います。

他の色は濃い色が多いので個人的にはステンレスが一番かっこいい。

 

f:id:shirodango:20211213200616j:plain

タンブラーとしても十分使えるので早朝のココアやコーヒーとの相性は抜群。自宅だけでなくキャンプの飲み物類もこの保冷缶ホルダーで問題なさそうです。

 

 

良い所、悪い所

f:id:shirodango:20211213200121j:plain

それではサーモス『保冷缶ホルダー』の総評といきましょう!

 

良い所

・高すぎる保冷、保温力

・350ml缶がぴったり

・コスパの良さ

記事中でも紹介した通り保冷力、保温力は凄まじいです。友人と話しながら飲むと時間が経つのを忘れていつの間にかビールが温くなっている事がよくありますが、そんな悩みからは解放されます。

最初は高いと思っていた価格ですがこれはコスパ良いです。他の有名ブランドのタンブラーは6000~8000円する物もありましたがそこまで差は無い気がします。というかこれで十分。

 

悪い所

・重い

・飲み口を使わない

200gしかありませんが缶も入れるとずっしりくる重さになります。飲む分には困りませんがどれくらい残っているかがわかりにくいです。

あとタンブラーの時に使う飲み口は全く使わない。そもそも飲み口があると350ml缶が入らないので外して放置してしまう事が多く、飲み口がなくてもタンブラーとして使えるので益々使いません。

 

 

最後に・・・

キャンプ道具というよりインドアで使う事の方が多いです。大体晩酌の時にビールと一緒に持ち出すのが常。

やっぱり一度気になった道具は購入して使ってみないとわからないですね。色々なキャンプ道具を購入してきましたがまだまだ物欲は尽きなさそうです。

大きい道具はもう買いにくいので小物系が増えそうです。あとは軍物、ミリタリー系。

ヴィンテージ系もまた色々漁ってみようと思います。その為の出費は出し惜しみなしで!

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!