強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

キャンプにおすすめ耐熱革グローブ10選!キャンプに合うのはレザーに限る!

広告

f:id:shirodango:20210925192850p:plain

キャンプは手をひたすら使う趣味です。設営、焚火、薪割りなど少し間違えれば傷ついたり、火傷する事もあります。

そんな手を守る為にもグローブは必須。キャンプの場合は耐熱性にも優れた物が尚良いでしょう。

数ある中から10個おすすめ耐熱グローブをご紹介します。

 

 

 

ダッチウエストジャパン / ストーブグローブ

f:id:shirodango:20210925171201p:plain

有名な『ダッチウエスト』の薪ストーブを中心に日本で販売している企業で、グローブも薪ストーブまわりで作業する事に耐えれる性能を持っています。

ロングタイプなので腕全体を火傷から守ってくれます。ベージュを基調とした落ち着いた色合いと、印字されている『ダッチウエスト』の英字により高級感があります。

 

 

 

GRIPSWANY / G-70

f:id:shirodango:20210925172257p:plain

革グローブといえばグリップスワニーが一番に思い浮かぶほど有名なブランド。最近はテントを開発したりとグローブ以外の商品にも力を入れています。

このG-70はグリップスワニーの中ではビギナー向けの為価格も抑えられています。特徴的なスワニーイエローなのも大変嬉しいですね。

 

 

 

FIRESIDE / アウトドア&ストーブグローブ

35年の歴史を誇る薪ストーブブランド。

男女問わず使用できるフリーサイズのグローブで、脱着が容易。表面は起毛が使用されているので滑りにくくなっています。

ピッタりハマらないので細かい作業には向きませんが、使いたい時にすぐに使用できるのがメリット。

ブラックとブラウンのツートンカラー。汚れやすい掌側をブラックにする事で汚れが目立ちません。

 

 

 

OZERO / 牛革手袋

初めて知ったメーカーですが、長年アメリカ、ヨーロッパ、アジアなどの地域にもグローブを販売している実績があります。

牛本革を使用しており見た目はほぼグリップスワニー、ロゴの印字がないだけ。

グリップ力を高める為の滑り止めや一番可動する親指周りの補強など使いやすいよう工夫されていますが、一番驚きなのが2000円を下回る低価格。

一見怪しそうですがAMAZONでは1000件をレビューがあり星4(R3.9現在)と高評価です。

 

 

 

村の鍛冶屋 / 耐熱グローブ

掌側は牛革、防燃布、綿の三層構造により250℃物熱に耐えれる事ができます。

フリーサイズで手首を覆えるロングタイプになるので火の粉を気にせず焚火の管理ができます。

全部真っ黒の焚火グローブは珍しい。『村の鍛冶屋』のロゴマークが無骨で男らしさ全開です。

 

 

 

MinistoreDirect / 耐熱牛革グローブ

表面は牛革、裏面は綿を使用しているので高い耐熱性と通気性を獲得しています。

そんな耐熱牛革グローブの値段はセール時であれば驚異の1000円以下。耐熱グローブを使用した事が無い方はお試しとして買うのも良いでしょう。

厚手の生地なので細かい作業には不向きな点には注意。

 

 

 

Snow Peak / ファイヤーサイドグローブ

f:id:shirodango:20210925182835p:plain

スノーピークの耐熱グローブの良い所はインナーがある所。グローブが2枚ある状態なので生地が厚く耐熱性は抜群。二重構造によって手首や指の動かしにくさがあるのがやや難点です。

インナーは外して洗濯できるので綺麗に保つ事ができます。

個人的には目の前で見た中で一番デザインがかっこいいグローブです。

 

 

 

東和コーポレーション / EXTRAGUARD TAKIBI

キャンプグローブにしては珍しい3本指の耐熱グローブ。親指と人差し指が可動しその他の指は固定されています。

メリットは着脱がよりしやすいという点。グローブをそこまで使わない方や、暑くて蒸れる夏場のキャンプ時におすすめです。

こちらもAMAZONでは1000円切る激安価格なのでお試して購入しても良いかも。

 

 

 

Oregonian Camper / キャンパーグローブ3D

ミリタリー要素の強いキャンプ道具を開発しているオレゴニアンキャンパーから名前の通り3Dデザインのグローブ。

指の関節ごとに付いている白い部分は柔らかい革を使用しており、ストレスなく握る事ができます。さらに3D設計により曲げつらさも解消しています。

色々手が掛かってそうなのに比較的低価格の商品でコスパ良い事間違いなし。

 

 

 

Kinco Gloves / #50 COWHIDE DRIVERS GLOVE

1975年創業アメリカのオレゴン州のワークグローブ専門メーカー。

本場で長く使用されてきた歴史あるグローブなので実績は十分。冬に寒くなりやすいオレゴン州で作業や遊びまで幅広く使用する事を考えて作られています。

その割に物によっては2000円下回る値段で手に入るのは嬉しい限り。Kincoのロゴマークがオシャレなので是非ステッカーも一緒に購入したい。

 

 

 

最後に・・・

僕が3年前程に購入した革グローブはとても固く使いにくかったですが長らく使っていると煤で汚れた姿でも愛着が湧いてきます。

そんな僕のグローブも度重なる焚火での使用で指先が癒着し焦げた状態になりました。当時1000円以下で購入して3年も使えれば御の字ですかね。

革製品は経年劣化も楽しめるので何度もキャンプで使用して育てていきましょう。アフターケアも忘れずに!

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

↓こちらの記事もおすすめ↓

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

www.shirodango.com

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!