強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

FIELDOORの激安ポール紹介 サブポールなら安くてもいいんじゃない?

広告

f:id:shirodango:20200729221243p:plain

キャノピーを伸ばす時やタープを建てる時にペグと同等に必要な物がポール。

そんな必須なポールは探せば純正品から中華品から、太い物、細い物、長い物、短い物など多種多様で選びきれません。

大量にあるポールから楽天市場で『2m越え、2本セット、2200円』の驚異的な安さのポールを購入したのでご紹介します。

 

 

 

2200円って安いの?

こちらのポールのスペックを挙げます。

ブランド:FIELDOOR
カラー :ブラック/メタリックレッド/シルバー
サイズ : φ1.6cm×219cm (有効長 : 214cm)
材質:スチール
重量:4本連結時 : 530g 
セット内容 ポール×2セット / ロープ×2本 / ペグ×2本

 

タープテントのサブポールやテント入り口のキャノピー用に最適なテントポールの登場。
テントポールを使用することで雨や日よけの対策、スペースを有効活用する時に便利。

安くキャンプ商品を販売しているFIELDOORのポールです。

まず見て頂きたいのが長さが219㎝という所。2m越えのポールは他社製品だと3000円近くの物が大半です。

例えば・・・

 

FLYFLYGO アルミテントポール

FIELDOORと同じく安価なキャンプ道具の多いFLYFLYGOのポール。

2mにギリギリ届かない1.92mですが2980円。 

 

Naturehike ライトタープポール

前回ミニマルワークスのインディアンハンガー類似品を紹介したNaturehike。

思いの外良い作りに驚いたのですが・・・

www.shirodango.com

こちらのポールは丁度2mで2750円

 

DOD コンパクトタープポール

安価ながら個性的なデザインで大人気のDODの2m越えポールは・・・4832円

他2つと比べると高く感じますが、おそらく有名キャンプブランドの中では一番安いのではないでしょうか?

 

他社製品と比べるとFIELDOOR テントポールの安さがよくわかりますね。

前2つはせいぜい500~700円程度の差ですが安い方が嬉しいに決まってます。

ですが「安物買いの銭失い」という言葉があるように問題なく使えるかが気になります。

 

スペックでも紹介した通りこのポールはサブポールとしての使用を推奨しているので間違えないように・・・。

このポールをシェルターのタープポールとして実際にキャンプで使ってみました。

↓その時のキャンプはこちら↓

www.shirodango.com

 

 

商品紹介

f:id:shirodango:20200728202959j:plain

最初に入っていた袋はとても簡素なので別の収納袋を用意した方がよいです。

キャンプの片付けをしている時に見たら、いつの間にか破けていました。

 

f:id:shirodango:20200728203008j:plain

袋から取り出すとポール本体とペグ、ロープが入っています。

必要最低限の付属品といった感じ。

楽天ではブラック、メタリックレッド、シルバーの中から選択でき、僕は他のポールと合わせる為にシルバーにしました。

 

f:id:shirodango:20200728202954j:plain

ポールはこの突起を押し込みながら挿入し連結していきます。

意外と硬いので押し込む指がちょっと痛い。逆に抜く時は引くだけで良いのでとても楽です。

 

f:id:shirodango:20200728203221j:plain

ギギ‐1のタープ部分にこちらのポールを使いましたが、特に問題なく固定できました。

Φ16mmと径が細いですが固いスチールなので安定性は良いです。

重量も軽いので微調整するのもとても楽。

 

f:id:shirodango:20200719185924j:plain

使ったのはシェルター裏側のポール。

見た目も無難なシルバーなので違和感はありません。

 

f:id:shirodango:20200728203058j:plain

ピンと張るためにテンションは強めにかけていますが、 途中で折れるなんて事はもちろんなかったです。

強風の時などはわかりませんが、少し風が吹く程度では倒れない程度の強さは備えています。

使ってみた感想は「普通に使える」という感じ

初使用で壊れたらそれはそれでおもしろいですが、今後も継続して使ってみてどこまで耐えれるか検証していきましょう。

 

 

最後に・・・

f:id:shirodango:20200719185901j:plain

ちなみに前方タープにはΦ25mmアルミ合金のFLYFLYGO テントポール

こう見るとΦ25mmもあると太さが目立ちますし、アルミならではのテカリ具合が気になる。

かといってスチールのFIELDOOR テントポールはアルミのポールと比べて、錆が怖いですよね。 

素材としてはどちらも一長一短ですが、値段でいうとFLYFLYGOの方は・・・

約4000円近くとFIELDOORの倍。

 

ポールを購入する時は素材で選んでも良いですね。個人的には同じFIELDOORの木製ポールが気になっています。

パップテントやアイボリー色のテントと合わせると映えそう。ほ、欲しい・・・。

相変わらずキャンプ担当物欲さんが収まりそうにありません。

 

それでは今回はここまで!

皆さんも良いキャンプライフを!!

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

最後まで読んでいただきありがとうございます!

現在ランキングに参加しております。1ポチリでテンションが最高潮になるので出来ればポチっとお願いします!!