強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

【コスパ最強】ユニフレームフィールドラックの類似品!その名はキャンピングムーン!!

広告

f:id:shirodango:20200402210443p:plain

キャンプ道具を綺麗に整頓したい方におすすめなのが『ユニフレーム フィールドラック』

簡単な作りながら武骨なデザインで常に人気の商品。

複数個購入して並べるとキャンプ映えしそうですがいかんせん値段が高い。

そんな悩みを打開してくれるのが類似品の『キャンピングムーン  フィールドラック』なのです。

 

 

 

 

本物と類似品違い

本家:ユニフレーム フィールドラック

サイズ(使用時):約60×35×23(高さ)㎝
サイズ(収納時):約60×35×1(厚さ)㎝
分散耐荷重:約30㎏

 

類似品:キャンピングムーン フィールドラック

サイズ(使用時):約60×35×23cm
サイズ(収納時):約60×35×2.5cm
分散耐荷重:約30kg

 

正直見た目では全くわかりません。

使用時の大きさは数字上は同じですが、レビュー欄からは若干キャンピングムーンの方が高いという声が多い様子。

重量がキャンピングムーンの方が重く、塗装面が雑に処理されているように感じた方もおられました。

 

ここまで似ていて大丈夫なのでしょうか?ユニフレームは怒っても良いレベル。

そんな怒られそうなキャンピングムーンの良い所は値段。

ユニフレームが1個4500円(R2.4現在)に対してキャンピングムーンは2個2980円(R2.4現在)

という驚きのお値段。

キャンプ道具は欲しいけど万年金欠な僕としてはとてもありがたい価格。

そりゃキャンピングムーン買ってしまいますね。

 

 

商品紹介

f:id:shirodango:20200331222141j:plain

段ボールには入っておらず、この状態で届きました。

わざわざ宅配業者さんにまでお礼を言うとはパクる以外は素晴らしい企業だ。

 

f:id:shirodango:20200331222452p:plain

開封するとこのような感じ。

本体2個と収納ケース、説明書が入っています。

収納ケースはとても良いですね。本家ユニフレームは別途購入です。

 

f:id:shirodango:20200331222130j:plain

説明書は怪しい日本語ではなくちゃんと書かれています。

組み立て方法も細かく書かれています。

まぁ単純な作りなので説明書はほとんど見ないのですが。

 

f:id:shirodango:20200331222654p:plain

本体足部分には結束バンドで固定されています。

プチプチに包装されていたりと梱包はとても綺麗にされていますね。

 

f:id:shirodango:20200331222744p:plain

結束バンドを外し組み立てていきましょう。

組み立て方はとても簡単。こちらの突起に脚部分を引っかれば完成。

 

f:id:shirodango:20200331222832p:plain

これが中々固いので指を挟まないように注意しましょう。

足で固定されている方もいましたが、手でも問題なく組み立てれます。

 

f:id:shirodango:20200331223213p:plain

両脚ともはめ込めばOK。

簡単な作りながら男らしい格好だ。素晴らしい・・・。

足部分の捻じれた感じがまた良いですね。

 

f:id:shirodango:20200331222922p:plain

大きさはAMAZONの表記通り約60×35×23cm。

組み立てて思ったのは想像より大きかった事。長辺60㎝はテントによっては場所を取るかも。

 

f:id:shirodango:20200331223041p:plain

お次は耐荷重を見ていきましょう。

まずは皆大好き無印良品頑丈ボックス。中にランタンなどが入っているので約15kg。

ビクともしません。

 

f:id:shirodango:20200331223544p:plain

こちらも負けじと約10kgのエヴァンゲリオン製のダンベル。今はAMAZONにも売られていない幻の品。

合計35kgとなりました。こちらのキャンピングムーンフィールドラックの耐荷重は30kg

なので限界突破中です。

 

f:id:shirodango:20200331223121p:plain

これでもびくともしません。

天板部分がへこんだりする事もなく安定しています。

この荷重のまま長時間使用すると変形等生じるかもしれないのでご注意を。

 

f:id:shirodango:20200331223243p:plain

荷重テスト終了。二個とも組み立ててみました。

ぱっと見おかしい点は見受けません。左右差も触った感じないです。

 

f:id:shirodango:20200331223452p:plain

先ほどのように並べる事も、このように二段重ねる事も可能です。

上部ラックの脚部分が下部ラックの天板部分に適度なテンションがかかっているのでちょっとの振動では外れません。

  

f:id:shirodango:20200331223407p:plain

よく観察すると赤丸部分に欠け、矢印部分に溶接痕がありました。

これが意図せず生じてしまったのか、しょうがない事なのかわかりませんが、見てわかる通り全く気になりません。

僕も傷がないかな~と細かく見たり触ったりしてやっと発見したレベル。 

 

ユニフレーム フィールドラック と比べなくても、問題なく使用できる商品だとわかりました。

なんならキャンピングムーン フィールドラックをもう1セット買おうか検討しています。

ラックは多くて損はないですからね。

 

 

実際に使用してみた 

f:id:shirodango:20200314152642j:plain

椅子の両サイドに配置しています。

いつもは地面に乱雑に置いているキャンプ道具達もまとまっている感が出ますね。

 

f:id:shirodango:20200331222244j:plain

キャンピングムーン フィールドラック の上には別のテーブルを置いています。

もうAMAZONでは販売されていない商品なのですが、上手く脚がはまって安定しています。

テーブルの上に食事を置いたりし、ラックにはキッチンペーパーやよく使う物を置いています。

 

f:id:shirodango:20200401214706p:plain

こちらは火器系でまとめました。
このようにまとめるとよく物をなくす僕も安心です。

1日使ってみましたが特に悪い点はありませんでした。

ちょっと思ったのが天板の存在です。このキャンピングムーン フィールドラックは天板付きの物もあるのですが、無いと穴だらけなので物がよく落ちます。

天板が別途約2000円程度で購入できるのでポチるか、ホームセンターでカットした物を買ってきても楽しそうですね。

 

↓この時のキャンプもどうぞ↓

www.shirodango.com

 

 

キャンプ映えする使用例

最後にフィールドラックをどのように使うのか、オシャレキャンパー達を覗いてみましょう。

フィールドラックを二段重ねて天板を置けば背の低いキッチンの出来上がり。

自慢のキャンプ道具をまとめる事でとてもキャンプ映えしています。

 

鉄製と木製を分けてまとめる。並びに規則性を出す事で男らしくも美しいインテリアが完成しています。

キャンプ映えを狙って置くのも良いですが、単純に地面から離して置くだけで汚れずまとまります。

物が散乱していると、とても汚く見えるのでご注意を。

 

 

最後に・・・

本家ユニフレーム フィールドラックと比べての感想。

良い点

  • 本家とほぼ同じデザイン
  • 本家に劣らない頑丈さ、使いやすさ
  • 圧倒的安さ

もうこれに尽きますね。見てわからない、同じ使い方。なのに安い。

本当に怒られても知らないレベルの類似品です。

 

悪い点

  • 作りが若干甘い

AMAZONのレビューで見かけた事として、畳んだ時に脚が固定されない、歪んでいる物がある、質がガサガサなどの指摘がありました。

ユニフレーム フィールドラック を持っている方からしたら気になる点かもしれません。

そんな点があっても僕はコスパ最高のキャンピングムーン フィールドラックを選択するでしょう。

安く購入して余ったお金で他のキャンプ道具を購入する。この地獄の連鎖こそキャンプ沼の醍醐味です。

 

それでは今日はここまで!他にも色々なキャンプ道具紹介していますので是非見てみてください。

皆さんも良いキャンプライフを!!