強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

AMAZONレビューで選ぶ冬キャンプ向けサーキュレーター

広告

 

f:id:shirodango:20200218210048p:plain

冬キャンプに必須なのが暖房器具。

それは薪ストーブ、石油ストーブ、ガスストーブと様々。

 

僕も石油ストーブと薪ストーブを持っていますが、どちらも暖める場所に得意不得意があります。

 

そんなストーブの暖房範囲を広げてくれるのが『サーキュレーター』です。

 

目次

 

 

扇風機とサーキュレーターの違い

扇風機は・・・

人が涼むのを目的として広範囲に幅広く風を送る物

 

サーキュレーターは・・・

空気を循環させることを目的として直線的に風を送る物

 

という違いがあります。

その為冬キャンプで使うのは『サーキュレーター』なのです。

 

我が家でも今冬からサーキュレーターを置いて全方位に満遍なく暖房が送られるように使っています。

f:id:shirodango:20200217194207j:plain

今ではサーキュレーターがないとエアコンの死角が一向に暖かくならないので、重宝しています。

 

 

サーキュレーターの種類で選ぶ

種類は主に電源タイプで分けました。

AMAZONで見て高評価、レビューの質でおすすめサーキュレーターをピックアップしました。

 

バッテリータイプ

Keynice USB扇風機  

星4.5【評価の数:292】 (R.2.2月現在)

 

ファン部分が直径16㎝とコンパクトで、首振り機能、高い静音、クリップ式とアウトドアだけでなくインドアでも使いやすいサーキュレーター。

バッテリーは5000mAhと大容量の内蔵電池で、弱モードで約28時間、強モードで約5時間の連続使用が可能。

 

クリップ式なのでテント内のどこにでも設置できます。

例えばワンポールテントのポールに取り付けて直下に石油ストーブを置くと暖気が循環してくれそうです。

高い静音性により夜のキャンプでも別グループの邪魔にならずに安心して使えます。

クリップの底が滑り止め仕様なのは地味に嬉しいポイント

値段も3000円以下(R.2.2月現在)とお手頃です。

 

<レビューのマイナス評価>(R.2.2月現在)

初期不良以外には・・・

  • クリップが甘い
  • ボタンがわかりにくい
  • 首振りにすると風量が物足りない

など個人的には我慢できる内容ばかりでした。

 

 

コンセントタイプ

アイリスオーヤマ サーキュレーター PCF-HD15N-B

星4.1【評価の数:2391】 (R.2.2月現在) 

 

力強い送風によりスパイラル気流を発生させ8畳の部屋隅々まで風を送る事ができます。

ファン部分が上下に可動、高い静音性、高さ26.6㎝、幅24.1㎝というコンパクトさを備えています。

 

キャンプでよく使うカセットガスの高さが約20㎝で、このサーキュレーターの小ささがよくわかると思います。

コンパクトなのにパワフルな送風なのはとてもありがたいです。

お値段も3000円(R.2.2月現在)と先ほどのバッテリータイプと同様にお手頃価格です。

 

ですがコンセントタイプなので電源サイトかポータブル電源を持っていないと使えないのが難点。

またとても広いテントでないと持て余す可能性があります。

 

<レビューのマイナス評価>(R.2.2月現在)

  • 風力が弱い
  • 取っ手部分が固定なので持ちにくい
  • 異音がする

意外に驚いたのが風力が弱いという点。8畳と銘打っているからこそ思いのほか風力が弱いと感じる方が多いのかも。

高い静音性を挙げていますが風量を上げるとうるさく感じる方がいるそうです。

また首振り機能がない事に気づかずに購入される方がいるよう。

 

 

ちなみに首振り機能付きの物は少し安いのでおすすめ

内容はほぼ同じですが、首振り時に異音を感じるとレビューにありました。

アイリスオーヤマ サーキュレーター 左右自動首振り PCF-EHD15 

 

 

乾電池タイプ 

VersionTek 小型扇風機 

星4【評価の数:166】(R.2.2月現在)

 

充電式電池を使用する事で充電式でもUSBケーブルからのバッテリー駆動も可能のハイブリットサーキュレーター。

幅12.4㎝、高さ14.8㎝の持ち運びしやすいスマフォサイズで大風量。

 

完全充電池式の物が少なかったのでハイブリットのサーキュレーターを紹介。

使用する電池は18650リチウムイオン充電池。普通に購入すると約1500円くらいと充電池なので若干高いですが、こちらのサーキュレーターには付属しています。

コンパクトなので持ち運び楽々。スマフォサイズなので収納する時も邪魔になりません。

 

<レビューのマイナス評価>(R.2.2月現在)

  • 作動音がうるさい
  • バリが残っているなど作りが雑

低価格な為か作りの甘さが気になる方が多いみたいです。

風量に関してはマイナス評価が少ないのでサーキュレーターとしては問題なく使えるのかもしれません。

 

 

↓完全乾電池の扇風機↓

Yueranhu 扇風機 

星3.9【評価の数:17】(R.2.2月現在)

 

扇風機だけでなく照明機能もついており、360度回転可能。

吊り下げ式、卓上式と使い分ける事ができ、ランタンポールに掛けられます。

単1電池2個で可動する為、どこでも使用できます。

 

キャンプや釣り用と書いてある事もあり、機能もアウトドア向け。

吊り下げる事が出来るのは石油ストーブの直上で使って下さいと言っているようなものです。とてもありがたい。

扇風機と書いてあるのでサーキュレーターのような機能はないのかもしれません。

またレビュー数や評価の数が少ないので信用性はまだ低いです。

 

<レビューのマイナス評価>(R.2.2月現在)

  • 風量が弱い

星2、星3の方全てが風量の事について触れています。

高評価の中には「風量がちょうどいい」と書いている方もいますが、弱いと書いている方が多いです。

「車内で使うと良い」とレビューがあり、屋外で使うには物足りないと思われます。 

 

 

こんな物もおすすめ

【並行輸入品】カナダ カフラモ社製薪ストーブ用エコファン エアーマックス Airmax【電源不要】 

ストーブ類の熱伝導によって回転するファンです。

物体の温度差が電圧に直接変換され、この電圧を利用して自転をするため電源はいりません。

ストーブの熱を使って自ら発電してファンを動かして、余分なコストを省きお財布にも優しい設計となっています。

サーキュレーターのように好きな時に動かす事が出来ませんが、天板の熱源があれば無限に回り続けます。

 

お値段は約3000円~17000円の物まで様々で類似品がとても多いので選択に注意。

レビュー評価数が一番高かったのは・・・

Signstek エコストーブファン 

星4.2【評価の数:152】(R.2.2月現在)

 

<レビューのマイナス評価>(R.2.2月現在)

  • 静かな部屋だと音が気になる
  • すぐ壊れた

回転音が気になる方が多いみたいです。金属が少し擦れるような音。

また設置方法が悪いのか全く回転しなかった方もおられました。

 

ですが使ってみて、明らかにテント内の暖かさが変わったという方や、ストーブ温度の目安にしていると書いている方もおられました。

思いの外キャンプ使用のレビューが多々みられたのでレビュー内容は信頼できると思います。 

 

 

感想

見たマイナスレビューを総評して、人によっては我慢できるような内容が多いと感じました。

完璧な商品はないので安く買える分我慢しないといけない事もあるのではないでしょうか?

 

それではみなさんも良いキャンプライフを!!