強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

衝撃!なぜ?ライバル同士が腕を組む!SONY & Microsoft一部提携!

広告

どうも!しろだんごです!

 

今日家に帰ってからいつも通りYouTube巡りをしていると驚きの情報が!

それは・・・

『SONY、Microsoftとクラウドゲームなどで提携へ』と。

マジかーーーーーい!!!落ち着け、落ち着いて素数を数えるんだ・・・。

ãç´ æ°ãæ°ãããã ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

目次

 

 

情報を再確認

記事がこちら↓

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/17/news074.html

SONYとMicrosoftという超有名企業がゲーム、AI分野で協力関係になるという事です。

全てにおいて協力するということではないです。

17日に報道されていたようですね。全然気づかなかった。

 

そして更に18日に細かい提携内容が報道されました↓

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44968340X10C19A5TJ2000/

SONYといえば画像センサーです。これは僕もお世話になっているカメラや車のセンサーにも利用されています。

 

そのセンサーをMicrosoftのAIにも生かされていく訳です。

逆にMicrosoftといえば世界的に有名な大企業。その世界的に広がっているクラウドサービスをSONYが利用できるというのはとてつもなくすごい事。

何がすごいかというと・・・

SONYが生産している『PlayStation』通称プレステに利用できるわけです!

これは小学生からプレステに染まっている僕からすると本当に嬉しい!!!!

要するにMicrosoftのクラウドサービスが利用できるというのは、県道しか走っていなかった道に急に高速道路が建設されたようなもの。

配信サービスを始め、今後主流になってくるであろう5G回線にも関係してくる大変なことです。

 

と、少し熱く簡単に説明しましたが僕が本当に驚いたのは2点・・・

  1. ゲーム業界のライバル同士が手を組んだ
  2. GoogleのStadia対策か?

 

①ゲーム業界のライバル同士が手を組んだ

お気づきの方がほとんどと思いますが、今のゲーム業界の据え置きゲームといえばSONYの『PlayStation』、任天堂の『Nintendo Switch』、Microsoftの『Xbox』という三大巨頭です。

その内2つが手を組んだのです。あなたが読んでいるバトル漫画のライバルキャラ同士が共闘するのです。

それは悟空&ベジータであり、ナルト&サスケであり、でんじゃらすじーさん&校長でもあるのです。

これは単純に燃えた。

僕はプレイステーションは全ナンバリング機種持っていますが、一時期Xbox360に浮気していた事もありました。

正直Xboxは通称PROD(死の赤リング)や掃除機と言われ続けた起動時の爆音に悩まされましたが、それはそれで楽しめました。何となくプレステよりソフトが安い気がしたし。

そんな二つのゲーム機をプレイしてた身としてこの提携は感動すら覚えます。

 

ではなぜこの二つの企業が提携したのでしょうか?

ゲーム業界を盛り上げる為?AI技術を高める為?ノンノン・・・。

 

②GoogleのStadia対策か?

ãgoogle Stadiaãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ほぼこれだと思います。

皆さんはこの『Stadia』をご存知ですか?

このStadiaを簡単に説明しますと『Googleの力で遊ばせてやるよゲーム機』です。

適当に言っているかと思われますでしょうが、ホントです。

プレステといえば何を思い浮かべますか?

僕はあの四角い本体とコントローラーを思い出します。

スタディアは本体がありません。

ならどうやってゲームするかというと普通本体が行う作業をGoogleがクラウド上で全て賄うのです。

ハードは必要とせず、インターネットと端末さえあれば即遊べるのです。

どうせ初代プレステ並みのしょぼいゲームしか遊べないんだろ?と思ったあなた。

このStadiaは4K、60fpsというPS4 Pro、XboxOne並みの性能で遊べます。頭おかしい。

更にインターネットを経由しているので途中でGoogle先生に攻略法を聞けたり、ゲーム配信している実況者のプレイを体験できるような後追い機能なども備わっているそうです。

これだからGAFAは怖いんだ。

こんなゲーム機が発売されたらプレステやXboxはただ高いだけのハードになってしまうのでStadiaが覇権を握るのは目に見えています。

SONYもPS5を発売予定とし、性能もStadiaより高い物を想定して製作していますが、Stadia以上の性能のゲーム機ができた所で大衆はStadiaを選択するに決まっています。

なぜなら端末さえあればプレイでき、高い買い物は必要ないからです。しかもPS4 Pro並みの性能です。

 

 

感想

あと一押し欲しいなと思っていた所にこの提携です!

テンション上がらずにはいられません!

ゲーム業界もどんどん変わっていきますね。

PS2のゲーム『GENJI』の高画質なムービーに気圧されていたのもほんの少し前に感じます。

最近はPS3の画質では満足できなくなっている身体にいつの間にか改造されていました。PS4じゃないと物足りないの・・・。

今後のSONYの動向を追っていきます!

日本人のためかSONYを応援しちゃう。がんばれ!

 

それではみなさんもよいゲームライフを!!