強欲男は身をやつす

キャンプ、登山時々インドア

キャンプの雰囲気作りにもってこい!UCOキャンドルランタンレビュー!

広告

どうも!しろだんごです!

 f:id:shirodango:20190511201010j:plain

皆さんはキャンプの時にどんなランタンを使用していますか?

大光量のガソリン?

コスパ最強の灯油?

安全第一のLED?

僕はこれらのランタンを使用してみて、一番雰囲気が出るランタンはこのUCO (ユーコ) キャンドルランタンだと思いました。

それではレビュー開始!

 

↓掃除方法もどうぞ↓

www.shirodango.com

 

 

目次

 

内容物紹介

 f:id:shirodango:20190511173225j:plain

それは急にやってきた、AMAZONのタイムセール後に・・・。

フュアーハンドランタンというものがありながらテーブルランタン用に購入してしまいました。すまん。

パッケージは完全に英語。「UCO(ユーコ)」という独特のブランド名がかっこいい。

さて、開封していきましょう。

 

f:id:shirodango:20190511173224j:plain

内容物は本体と説明書のみ。

本体は畳むとこの画像で見てわかる通りホントに小さい。

ポケットに余裕で入るくらいの大きさです。

 

f:id:shirodango:20190511173228j:plain

説明書ももちろん英語。よめるかーい。

キャンプ道具って簡単な作りなものが多いから何となくでわかることが多いです。

ですが初っ端からどこを引っ張ればランタンモードになるか悩む。あれれ。

 

f:id:shirodango:20190511173231j:plain

そしてやっとズルりとオープン。

未使用の為少し硬めだったので力任せに引っ張りました。

 

f:id:shirodango:20190511173236j:plain

大きさはフュアーハンドランタンと比べるとこのくらい。ちょうど半分くらいですかね。

色もシルバー以外に黒や赤、緑、ゴールドなどありましたがフュアーハンドランタンに合わせるためにシルバーにしました。

あとキャンプ感を出すためには武骨なシルバーがかっこいい。

次にキャンドル部分を出してみましょう。

 

f:id:shirodango:20190511173237j:plain

下の黒い部分を時計周りに回すと外せます。

中はバネになっているので勢いよく開きます。飛び出し注意。

このバネのおかげで、ロウが溶けても溶けた分バネが伸びていくので火の位置は変わらないのです。

単純な事なのに上手くできてるな~。

 

f:id:shirodango:20190511173246j:plain

これがキャンドル部分。

形状といい大きさといいまさしく「キャンドルはUCO既成品じゃないとダメだぜ」とひしひし伝わってきます。

底板は仏壇のロウソク立てのような針はないので市販品は難しそうですね。なにより大きさが違うし。

 

f:id:shirodango:20190511173241j:plain

このキャンドル意外に高い。

このキャンドル一本で9時間光り続けるらしいので他のランタンと燃焼時間はさほど変わりありませんね。そう考えるとコスパいいのか?

 

 

実際に点火させてみた

f:id:shirodango:20190511174136j:plain

つけ方はとても簡単。マッチやライターなどでキャンドルの導火線に火をつけるだけです。

 

f:id:shirodango:20190511173255j:plain

火をつけたキャンドルを元のカバーにはめるのですがこの時が意外に難しい。

なにが難しいかというと揺らすと溶けたロウがこぼれてしまうからです。

 

f:id:shirodango:20190511173301j:plain

何とかはめました。これだけでオシャレ感が滲み出てますね。

まだ明るいので光量はまだわかりませんが、火の大きさからいうとギリギリテーブルランタンくらいかな。

 

f:id:shirodango:20190511173304j:plain

よく見てみると早速ロウが垂れてしまいました。

出来る限りゆっくり装着したのに~。点火後はあまり動かさない方がいいかもしれませんね。

調べてみるとロウなので、ぬるま湯につけてゴシゴシすると簡単にとれるらしいです。

 

f:id:shirodango:20190511173309j:plain

そして夜になりました。

フュアーハンドランタンと一緒に点火させ置いておくと雰囲気出ますね。

焚火も相まって癒される。キャンプ中毒でハイになるぜ!

 

f:id:shirodango:20190511173316j:plain

上部を持っても熱さはあまり感じません。

トイレに行くときのランタンとしてはちょうどいいです。軽くて持ち運びが楽。

 

f:id:shirodango:20190511173327j:plain

光量はテーブルが少し照らせるくらいです。

一本のロウソクなのでフュアーハンドランタンなどと比べるとどうしても物足りませんが、この心地よい光量はキャンドルでないと出ません。

 

f:id:shirodango:20190511173334j:plain

またこのLEDでは出せない「火」特有の色、温もりは最高です。

かの有名なスノーピークの「ほおずき」や「ノクターン」が爆発的に売れたのはまさにこれらが理由。

照明は精神安定剤と言われており、北欧の人達のような家に長時間いるような人は特に照明にこだわるそうです。

この暖かい光はたまらん、ありがたや~。

 

最後にできる限り映える写真を撮りましたのでどうぞ!

 

いろいろな使用写真

f:id:shirodango:20190511174125j:plain

f:id:shirodango:20190511201012j:plain

f:id:shirodango:20190511201006j:plain

どこから撮っても画になります。素晴らしい!

カメラ:SONY ミラーレス一眼 α6000

レンズ:SIGMA 単焦点広角レンズ 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

まとめ

メリット

  • つけ方が簡単
  • 手入れが簡単
  • 最長9時間点灯
  • 雰囲気出まくる

デメリット

  • 専用ロウソクが高い
  • ロウが垂れやすい
  • 光量が少ない 

まあデメリットは「雰囲気が出る」で全てかき消されます。

デメリットのロウソク関係ですが、それを解決する策があります。

それはこれを使って灯油ランタンに変えるのです!

UCO (ユーコ) キャンドルランタンにピッタリはまる設計になっており、元々灯油ランタンを持っている人にはありがたいです。

かくいう僕もポチってしまったので今度レビューしたいと思います。

 

こんなのもあります。リフレクターだと・・・ゴクリ。

鎮まれえぇ、俺の親指~。

 

それではみなさんも良いキャンプライフを!!