マンガ・アニメのない人生なんて[簡単レビュー]

マンガやアニメのレビューを中心にやっていきます。

PSVR無料&低価格ソフト評価!VR酔いが激しい者がお送りします!

広告

今回は実際に体験してみたPSVRの無料&低価格ソフトを評価していきます。

f:id:shirodango:20180630234926p:plain

目次

 

www.shirodango.com

↑先にこちらもどうぞ↑

 

最初に・・・

PSVRはまだ発展途上のジャンルのためか大手ゲーム会社が思いっきり参入してこないのが現状。

最近パワプロ、グランツーリスモが発売され、ZOE、エースコンバットなど有名ソフトが発売決定しましたがソフトは少ないです。

有名作品はVR「対応」ソフトである事がほとんどなので、VRで酔って出来なくても最悪通常プレイで出来ます。あと地盤がしっかりしているので完全にはずれという事が少ない。ですが肝心のVRはおまけ程度でついているものも中にはあります。

その点VR専用ソフトはVRだからこそできるものを提供してくれます。だけど有名所が少ないという難点が・・・。

画質に関してはVR対応ソフトより、VR専用ソフトのほうが良い気がします。ですがよくてせいぜいPS3レベル。普段高画質でプレイしている人は気になると思う。

YOUTUBEなどで実際にプレイしている実況者などもいますが、普段のゲームと違って画面越しとVRで見る映像は知覚で感じ取る分違います。

 

こんな風に実際に体験してみないとわからない物ばかり。

なのでいきなりソフトを購入したり、ダウンロードするより無料ソフトや体験版、低価格ソフトをプレイしてみて今後のソフト購入をどうするか考えてみました。

 

 

無料&低価格ソフト評価ランキング

おすすめ度:D~A 評価

酔い度:個人的感想

を含めて評価していきます。

 

9位 BIOHAZARD VENDETTA VR(バイオハザード ヴェンデッタ VR)

おすすめ度:D

VR酔い:ほぼ酔わない

f:id:shirodango:20180629221834p:plain

昨年の5月頃に公開されたバイオハザードのフルCGアニメが元の無料VRソフト。ダウンロード専用です。

画像のレオンやクリス視点ではなく、自分はゾンビ視点です。

最初おそらく噛まれて感染した直後で、段々ゾンビに変貌します。

そして他の多数の仲間ゾンビと律儀にエレベーターで移動してから、目の間で奮闘しているレオンとクリスに突っ込んで頭に銃を撃ち込まれて終わります。

自分で操作できず、勝手に動くゾンビの視点で360度見渡せるようになっています。

時間も数分で終わる程度で、ホント宣伝用って感じ。画質もひどい。

銃を撃ち込まれる時にびっくりするかなっと思ったけど、そんな事なく3Dのように弾丸が浮き出てこず全然怖くない。「ありゃー、撃たれっちゃたよー」て感じ。

ゾンビ視点という点と、バイオを代表するレオンとクリスという主人公の戦いぶりを近くで見れる点が良かった。

他のソフトと違いVR感はほぼ感じれないのであまりおすすめはしないです。

 

 

 

8位 THE PLAYROOM VR

おすすめ度:C-

VR酔い:一部あり、だが我慢出来る程度

f:id:shirodango:20180629223830p:plain

PSVRを立ち上げた時に最初に行えるゲーム。見た目通りファンシーで色々なゲームを楽しめます。

VRを初めてプレイして「うおーー!」ってなりました。まさに自分の体が半分二次元に入ったような感覚。

ですが所詮基本のゲーム、すぐにやらなくなる。というか他のソフトが気になってそっちに移行してしまう。一部ゲームで少し酔いました。基本視点は固定なので極端に酔うことはないです。

あと1人だとあんまりおもしろくないかも、大人数いたら盛り上がりそう。

VR導入にあたってはプレイしてみてもいい。

 

 

7位 Starblood Arena体験版(スターブラッドアリーナ) 体験版

おすすめ度:C+

VR酔い:酔いまくる。戦闘に集中出来れば何とか

f:id:shirodango:20180629224933p:plain

スターウォーズのように宇宙船を操作しライバル機を撃ち落とすバトルロワイヤル形式のゲーム。体験版なのでダウンロード限定

体験版ではモンスターズ・インクに出てきそうな容姿、口調で話す支配人の二人が説明しながら行うチュートリアル。それを終わらせるとCOM相手に2vs2で戦闘が行えます。プレイ可能なキャラは1人。

チュートリアルはめちゃくちゃ酔います。ですがいざ戦闘になると、敵を倒すことに集中するので酔いが軽減されます。

でも結局すごい酔っちゃう。激しく動く系のゲームの中ではあまり酔わない方だと思います。ずっと宙に浮いているからかな?

実際の機体もメインからサブ、設置型爆弾など武装豊かで他のキャラも気になりました。

前後左右上下から狙われるので、本当に機体を操っている感は感じれるので楽しいです。

どうしても画質がチープ。カスタムロボを一瞬思い出してしまった。

シューティング系でソフトを購入しようか検討中のゲーム。

 

 

 

6位 ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS 体験版

おすすめ度:B

VR酔い:常に酔い。長時間はきつい。タイトル画面でまあまあ酔う

f:id:shirodango:20180629230751p:plain

昔PS2で発売され、PS3でリマスター版が出るほど有名なロボットゲーム。「メタルギアシリーズ」を手がけた小島秀夫さんがプロデュースしている事でも有名ですね。

ですが今小島さんはコナミにいないわけで、ということはメタルギアサヴァイヴのような小島作品押しゲームなんでしょうか・・・。コナミあくどいね~。

その話は置いといて、このVR版ではZ.O.Eファンはともかく、全く知らない人でも楽しめるようになっています。

大きくて、スマートな機体をコクピット視点で操作できるわけですから楽しくないわけ無い。上を見ると実際にジェフティがキャノン砲撃ち込もうとしている所が見えたり、最高でした。

戦闘と戦闘の間、ムービーパートではまるで3D映画を見ているような演出となっています。

スターブラッドアリーナとジャンルは似ていますが、酔い度はそこまで酷くはありません。そこまで激しく動き回る事がないからかな。

ですがオンライン要素や、対戦モードはおそらく無いと考えていいので、その点は負けています。

体験版でここまでのおもしろさなので、本品は楽しみです!まさに「はいだらー」なゲーム!

9/6発売予定です!

 

 

 

5位 Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト

おすすめ度:B+(人による)

VR酔い:なし

f:id:shirodango:20180630204704p:plain

人気ソーシャルゲーム「Fate/Grand Order」通称FGOのVRです。名前の通りFGOのメインキャラであるデミサーヴァント「マシュ」がVRで出てきます。

正直FGO知らない人からしたらそこまで楽しさを感じないかもしれません。僕は絶滅したと言われている配信開始時からプレイしているFGO初期勢でして、このFGO VRは悶え苦しむほど最高でした。

なのにこのランクはゲーム性を考えてのこの順位です。そんなものなかったら1位確定。

そのゲーム内容を簡単に説明すると健気に頑張るマシュをただ眺めるだけです。一応その頑張るマシュを応援するという事はできますが、邪魔。

アニメや漫画などで見ると別に何とも思わないのですが、明らかセクシー、微エロ路線でいってるだろってのを間近で見ますとこっちが恥ずかしくなってきます。

VR恐ろしい。そんなマシュの頑張りを3パターン見て「ふー」と一息ついていますと、まさかのセイバールート!!

おい、まじか。あのセイバーとデートだと?腹ペコ王とデートだと?そして最後は真横で「エクスカリバーー!!」・・・。

ありがとう、製作者さん。FGOから参入してきた者にも、Fate/Stay Night勢に対してもフォローをいれるとは・・・。

この通りFate好きにとっては最高なので、好きな方は是非やってみてください。マシュが最初に入ってくる所なんか興奮ものですから、「お前、こんな細い体で守ってくれてたのか」って二重に感動します。

ホントおすすめ。

 

 

 

4位 傷物語

おすすめ度:B+(人による)

 VR酔い:映像により一瞬

f:id:shirodango:20180630204410p:plain

人気ラノベ作家西尾維新さんの代表作の一つ「物語シリーズ」の始まり「傷物語」のVR版です。

映画化するする詐欺を働いて、何度も延期してたある意味問題の作品「傷物語」。映画はもちろんおもしろかったです。まぁあんまり話題にはならんかったけども・・・。

先ほどのFGO VRと同様に自分は全く動きません。傷物語内の映像(主に戦闘シーン)が流れているのを見ているだけ。

最初は黒板に映像が流れ、場面が移り変わる毎に様々な演出が施されています。その映像表現がシャフト感満載でホントすごい!

あと何より真横に忍がいて、話しけてくれる事に大興奮。視点を動かしてもずっと目を追ってくれるんですよ!

最初は気づきませんでしたけど、忍の発言と影に写っている髪型から自分が主人公の阿良々木になっています。

VR酔いはその演出で時々「うっ」となることはありますがそこまで酷くはありません。

先ほどのFGO VRより上位にしたのは万人受けしそうだからです。なので全く傷物語を知らない人が見ても楽しめます。

内容的には宣伝って意味で9位のバイオハザードと同じです。

物語シリーズ好きなら絶対みるべき、知らない人もVRの素晴らしさを知る意味でも体験してほしいゲーム。

 

 

 

3位 バウンド―王国の欠片― 体験版

おすすめ度:A

VR酔い:視点を近づけすぎるなどカメラ視点によってはあり

 

PS4のアクションアドベンチャーゲームで、VR対応ゲームとなっています。

主人公はダンスのように舞い動き、周りの風景は抽象的でとても不思議な雰囲気なゲーム。

ストーリーは・・・

これは、幼少期のトラウマを抱く、妊婦の意識の中で進んでいく物語。
王国を治める女王より、怪物から国を守るよう命じられた主人公。
怪物のもとへ赴くも、その強大な力に倒れてしまう。
王国を救うため、女王は地下に身をおく救世主のもとへ主人公を誘う。
救世主へ助けを求めた主人公は、そこでトラウマと対峙することとなる。

https://www.jp.playstation.com/games/bound-ps4/

 という謎解き大好き人間が喜んで引っ付きそうな内容で、とても興味を惹かれます。

プレイしてみた感じでは、主人公を前後左右上下切り替えれる監視カメラで動かしながら追いかけるゲームです。

壁など障害物があっても、その壁が砕けたようになり主人公の姿を確認できます。なのでカメラ操作でイライラする事はなかったです。

最悪視点変えなくてもクリアできる。体験版なので途中までなのですが、スイッチ形式の謎解き要素があったりして楽しい。敵も巨大でしたし。

VR酔いは先程も書いたようにカメラで追いかける形式なのでほぼ酔わないです。あまりにカメラを近づけたりすると主人公と被って酔いかける事はありました。

僕のおすすめは周りの風景です。幾何学的な構造が絶えず動いている世界で、見ていて飽きない。例えるならばジブリ映画ラピュタの内部、護衛の人間二人が取り残される所に似てますね。わかりづらいか。

今までプレイできるゲームは基本酔っていた僕ですが唯一酔わずにプレイでき、尚且つ楽しいという欠点がなく高評価となりました。

唯一気になった所を挙げるとするならば、主人公がバレエダンサーのように動くのですが細い道を歩くのが遅い。バレエ独特の爪先でチョコチョコ歩くあれ!

まぁローリングすればすぐに進めますのでご安心を。

 

 

2位 KITCHEN (¥100)

おすすめ度:A+

VR酔い:なし

バイオハザード7の前段階として出た有料体験版。様々な実況者がプレイしているので見たことあると思います。

単純に流れを説明しますと・・・

自分は縛られてる(視点のみ動かすこと可能)→画像で倒れている仲間が助けようとしてくれる→後ろからゾンビ登場、ハートキャッチプリキュア(物理)→自分左大腿刺される→実は生きてた仲間刺されながらゾンビを奥まで連れてく→仲間の生首ポーン→至るところで聞こえる足音や咀嚼音→血だらけの両手目の前に(だーれだ的なやつ)→恐ろしい顔したゾンビが真上から目の前にドーン・・・終了

約3分間しかないのですが、これを見て「よし!バイオ7は買わない!」と確定するくらい怖かった。

これぞVRを上手に活用してる。VRはホラーに本当に向いている。

最初は「これ実況者のプレイ動画腐るほど見たわ。もう怖くないわ」という感じでしたが1分もたずに現実世界に戻ってきました。

目の前で仲間がグロイ事になっててエグい。ゾンビの恐ろしい顔が目の前にあるだけで怖い。左足刺されて痛く感じる。最後なんかくるのわかってても失神もの。でした。

なにこれ。本当に怖い。

これぞまさに体験してみないとわからない怖さです。見終わったあと改めて動画を見てみましたが全然怖くない。

やっぱ画面越しとVRは全然違う。是非体験してみてください!

 

 

 

1位 人喰いの大鷲トリコVR 体験版

おすすめ度:A++

VR酔い:トリコの背に乗って移動時に内蔵が上に押し上げられる感じ

f:id:shirodango:20180630204611p:plain

『ICO』や『ワンダと巨像』を手がけた上田文人 の最新作のVR版です。

本編とは違い1人称視点で固定された状態で、マップの所々にあるアイコンへ視点移動していき、トリコを誘導していきます。

そんなに難しくなく、適当にプレイしてみても案外何とか進みます。

なぜこのトリコ体験版が一位かというと何よりトリコの大きさ!この画像のように大きいトリコが近寄ってくるのです。

鼻先を近づけて甘えてきたり、呼んだら接近してきたり、爪でちょっかいかけてきたりその辺の野良猫程度ではかわいいくらいですが、なにせトリコの大きさはダンプカーくらいあるのです。

最初呼びかけて近寄ってきたときは「かわいい~」より「うおぉおー、おうおう」みたいな変な声出ます。

あと何かと細かい動き、映像が点数高いです。ワンダと巨像ですらPS2にしてはとても細かく動いていました。その系譜がこのトリコにもしっかり受け継がれています。

特にトリコの毛並みがすごい。風の動きになびく毛の表現は見物です。細すぎる。

2位のKITCHENと順位は考えましたが、僕的にはホラーよりこういう幻想の世界、非現実的な事を体験できるSAOのような世界の方が見てみたいがため、こういう順位となりました。

PS4では残念ながらVRチャットや全オンラインでオープンワールドを体験できるようなゲームはないので、このトリコのようなゲームは貴重。

VR酔いですが、個人的にトリコの背中に乗って移動するシーンがあるのですが、その時に酔いがきました。ただ移動するだけなら良いのですが、上に飛び乗る形なのでチンさむ現象のような感じになります。

それ以外では、トリコに空中で掴まれて動かされるのですがその時にちょっときました。

酔いの程度も弱く、幻想的な世界を楽しめるこのゲーム、おすすめです。

 

 

まとめ

ランキングどうだったでしょうか?通常ソフトの評価が見たいという声は聞こえてきそうですが、VR酔いという制限があるとどうしてもソフト選びに慎重になってしまいます。

あとPSVRを購入した時に一緒にあるゲームを購入したのですが、それが酔い度MAXでした。

一番プレイしてみたかったゲームなだけに本当にショックでした。俺にはプレイする資格がないのか・・・。

上記の話に戻るとオープンワールドゲームだけならスカイリムがあります。これは是非やってみたい。絶対酔いそうだけど。

あとモーションコントローラーもあるとより現実感が増すらしいのでこれも購入せねば。

 

今回紹介した無料ソフト&低価格ソフトですが、体験版は期間限定のものがあるので注意してください。

僕のようにどうしてもVR酔いしてしまってもこの体験はゲーム好きなら絶対するべきです。

次回は実際に購入したソフトを紹介していこうと思います。